トンプソン・シードレス<輸入ブドウの品種

トンプソン・シードレス(Thompson Seedless Grapes)

■トンプソン・シードレス(Thompson Seedless Grapes)とは?

●アメリカ生まれの品種

トンプソン・シードレス(Thompson Seedless Grapes)

アメリカでは極一般的なぶどうの1つで、19世紀中頃から盛んに栽培されるようになったようです。丁度その頃から干しぶどうのカリフォルニアレーズンが生産させだした頃になります。日本にはアメリカ、カリフォルニア産の他、チリ産のものが多く輸入されています。

●カリフォルニアレーズンの原料ぶどう

カリフォルニアレーズンといえばトンプソン・シードレスと言えるほど、カリフォルニアレーズンの原料のほとんどはこのトンプソン・シードレスが用いられています。また、若干しタイプのサルタナレーズンと呼ばれるものもこのぶどうが原料です。

●トンプソン・シードレスの特徴

今回のものは比較的球形に近いですが、一般的には長楕円形をしています。皮は薄く、剥かなくてもそのまま食べられ、パリッとした歯ざわりが楽しめます。

果肉もやや固めで、ジューシーですが酸味がしっかりとあります。名前の通り種がほとんど無いのも特徴です。

トンプソン・シードレス(Thompson Seedless Grapes)

■トンプソン・シードレスの収穫時期と旬は

●トンプソン・シードレスの収穫時期と出回る旬の時期

アメリカ・カリフォルニア産のものは8月下旬頃から11月中旬辺りまで、チリ産のものは12月頃から3月頃まで出回ります。

●輸入関税

輸入ブドウが近年大量に出回るようになりましたね。中でも11月から2月は安く店頭に並びます。それは輸入される際の税率がかかわっているんです。ブドウの輸入関税率は季節によって違い、3月から10月までは普通関税率で17%掛けられているのに対し11月から2月は冬場で国産のものが少ないことから7.8%とと低くなっているからなんです。

旬のカレンダー

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カリフォルニア産                        
チリ産                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。