写真でみる藤稔(ふじみのり)の特徴

藤稔(ふじみのり)、大峰(たいほう)

藤稔(ふじみのり)の最大の特徴は、粒の大きさです。大きいものだとピンポン玉ほどもあり、下の写真を見て頂ければわかるように通常でも500円玉ほどの直径があります。

■藤稔(ふじみのり)の写真画像ギャラリー

各画像をクリックしていただければ拡大画像がご覧いただけます。

藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(ふじみのり)ぶどう 藤稔(フジミノリ) 2012.8.29撮影 藤稔(フジミノリ) 2012.8.29撮影 藤稔(フジミノリ) 2012.8.29撮影 藤稔(フジミノリ) 2012.8.29撮影 藤稔(フジミノリ) 2012.8.29撮影 藤稔(フジミノリ) 断面 2012.8.29撮影 藤稔(フジミノリ) 2012.8.29撮影 藤稔(フジミノリ) 2012.8.29撮影

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。