マンゴーの切り方 花切り

■花切りはどの品種のマンゴーでも基本は同じです

マンゴーは真ん中に平べったい種があります。その種の両側の果肉部分を切り取って格子状に切り目をいれ、反り返らせたものを花切りといいます。

マンゴーを縦に持ち、種を避けるように包丁を入れます。

刃先に種に沿わせるように進めていきます。魚をおろす時のような感じですね。

片面が切り取れた状態です。

もう片側も同じ要領で切り進めます。

両側の果肉を切り取った状態。真ん中の種を含んだ部分が残ります。

この部分にも果肉がまだ付いているので、皮をむいて果肉をとります。

種に沿って無駄が無いように果肉だけをこそぎ取ります。スプーンを使っても良いでしょう。

この部分の果肉は見た目があまり綺麗な状態ではないので盛り付けには使いませんが、ヨーグルトと共に食べたり、そのままつまみ食いをしても良いでしょう。

切り取った両側の果肉に切り目を入れます。

断面側に皮に届くぎりぎりのところまで刃先を入れ、格子状に切り目を入れます。

強く切りすぎ、皮まで切ってしまわないよう注意してください。

写真では格子の向きは斜めですが、普通に縦横の格子でも良いです。

好みで格子の目を細かくしたり荒くしたりしてください。

格子切りに出来たら、皮の両端を持ちながら真ん中辺りをグイッと押し上げてやると格子が開きます。

盛り付けるときはそのまま皿に置くと果肉がまた元に戻ってしまいやすいので、下にふくらみのあるものを何か置いて、その上に乗せると開いた状態で盛り付けられます。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。