白イチジク-バナーネ:特徴や旬の時期

白イチジク-バナーネ

■白イチジク-バナーネとは?

●フランスからやってきた白いイチジク

白イチジク-バナーネ

バナーネはフランスから導入されたロングドート(Longue d'aout)といういう品種のイチジクで、熟しても表皮が赤く色付かず、緑から茶色になるのが特徴です。

日本でも各地で栽培されるようになり、道の駅や時にはスーパーなどでも見かけるようになりました。

白イチジク-バナーネ

ただ、日持が悪く、また、秋果はまだらな感じで茶色く色付くので、見た目がぱっとしない事もあり、あまり流通していません。ただ、家庭菜園や庭木としても人気が出てきているようです。

バナーネの果樹を取り寄せるなら →

●白イチジク-バナーネの特徴

バナーネの果実はあまり裂けることはなく、先は上品なおちょぼ口のようです。形はやや長いものが多く、軸も長めです。

白イチジク-バナーネ

このバナーネというイチジクは夏果と秋果どちらもなる品種で、夏果は前年の晩秋に付いた小さな実が冬を越し、春から初夏にかけて再び成長し、夏に収穫できるようになります。この夏果は実が大きくなる事でも知られています。一方秋果は実自体はそれ程大きくなりませんが、表皮が少し色付き、果肉の糖度がとても高く、それに対し酸味がほとんど感じられないのでネットリとした濃厚な甘さが感じられる実になります。夏果は大きさ、秋果は濃厚な甘さがそれぞれの持ち味となっています。味の点では秋果の方が美味しいと言えます。

●白イチジク-バナーネの収穫時期と旬

バナーネは夏果と秋果どちらもなる品種で、夏果は6月下旬頃から7月中旬あたりにかけて収穫され、秋果は8月下旬頃から10月中旬あたりにかけて収穫されます。

品種 6月 7月 8月 9月 10月
白イチジク-バナーネ                              
白イチジク-バナーネ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。