ブラックオリンピア < ブドウの品種

種無しブラックオリンピア ぶどう

■ブラックオリンピアとは?

●「巨峰」×「巨鯨」 オリンピアの姉妹品種

種無しブラックオリンピア ぶどう

ブラックオリンピアはオリンピアと同じく「巨峰」と「巨鯨」の交配によって生まれた黒ブドウ品種で、糖度が高く甘さを強く感じることから「ハチミツぶどう」と呼ばれることもあります。

●ブラックオリンピアの特徴

ブラックオリンピアは一見巨峰と変わらない感じで、粒の大きさも同じくらいです。

皮は巨峰と同じくらいで手で剥きやすく、果肉はとてもジューシで酸味が弱い分、より甘さを強く感じます。

種無しブラックオリンピア ぶどう種無しブラックオリンピア ぶどう

■ブラックオリンピアの主な産地と旬

ブラックオリンピア ぶどうの生産地

●主な産地

政府が調査したデータを見ると、平成22年のブラックオリンピアの栽培面積は全国で37haほどととても少なく、比較的希少な品種の一つとなっています。

主な産地は市川件と山梨県で、両県で全国の半分以上を占めています。次いで愛媛県、埼玉県、山形県となっています。

(※右のデータは栽培面積で、単位はtではなくhaの間違いです。申し訳ございません。)

●収穫時期と旬

ブラックオリンピアの収穫は8月中旬頃から始まり、9月いっぱいまでとなります。出盛りの旬の時期は8月下旬頃から9月中旬となります。

旬のカレンダー 7月 8月 9月 10月
ブラックオリンピア                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。