フルーツの王様 メロン

アールスメロンとアンデスメロン、クインシーメロン、アムスメロン

■メロンとは?

●ウリ科キュウリ属(英) Melon 仏) Melon

メロンは植物学的にはスイカと同じ瓜科、しかもキュウリ属の野菜になります。とは言っても、流通分野や食生活における分類、栄養学上などでは、もちろん代表的な果物としてとらえられています。

●大きく分けると2種類のカテゴリーがあります。

マスクメロンなどのように表面に網目が出来る「ネット系」とまくわうりに代表される網目が無いものがあります。ただ、今市場には、その両者を掛け合わせて出来たプリンスメロンなどもたくさん出回っています。

●メロンといえば高級 !?

マスクメロンや夕張メロンは非常に美味しく、見た目も芸術作品のような美しさがあります。それだけに価格も相当なもの。それもそのはず、高級なマスクメロンなどは、一個のメロンに栄養を全て集め実を充実させるため、一株に一個しか実がならないように後の実は摘果してしまいます。しかし、プリンスメロンやアンデスなど、手ごろな価格のものも多く、品質と価格のバランスが取れたものを使っていきましょう。

●メロンは温室メロン、ハウスメロンそして露地メロンの3つの栽培方法があります。

温室メロンは、静岡県のマスクメロン(アールスメロン)などで、基本的に一株で一個しか実をつけません。アンデスメロンやプリンスメロンなどは主にハウスや露地で栽培されています。

●T字型のツルがあるものとないもの

高級なマスクメロンや北海道の夕張メロンなどはT字型のツルが付いた状態で出荷されています。このツルがあるだけで見た目からして高級メロンという印象が感じられますよね。では、アンデスメロンなど低価格なメロンとは実の付き方が違うのでしょうか?

じつは実は同じようにツルになるのですが、収穫する際に実の付け根から切り取ってしまうからなんです。実際、T字ツル付きのアンデスメロンも極僅かですが市場には出回ります。ただ、ツル付きで出荷するにはそれなりに大きな箱が必要だったり、ツルを傷めない配慮が必要になったりとコストがかかってしまいます。そういったコストが安いメロンにとって割高になってしまうため、扱いやすいボール状で出荷されていると言うわけです。また、そういう違いを付けることで、T字ツル付きのメロンは付加価値を付けているということです。

■メロンの主な品種一覧

それぞれの画像か品種名をクリックして頂ければ品種の解説や画像のページに進みます。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。