ザ・キング:来歴や特徴と産地や旬

ザ・キング いちじく イチジク

●ザ・キングとは

◆皮が黄緑色のイチジク

 ザ・キングは海外品種で詳しい来歴は分かりませんが、近年各地で栽培が広まっています。夏果だけの品種となっています。

◆ザ・キングの特徴

ザ・キング いちじく イチジク

 ザ・キングの果実は40~150g程の短卵型で、熟しても果皮が色付かず黄緑色のままで、裂果しにくいのが大きな特徴です。熟すと中は一般的なイチジクと同じように赤くなります。

◆実際に食べてみたザ・キングの食味

ザ・キング いちじく イチジク

 今回入手したものは京丹後の久美浜にある「いえき農園」から取り寄せたものです。

 ふっくらとした形の果実は外皮が黄緑色で、開口部は小さめ。

 食べてみると舌触りが滑らかで、バナーネ程の甘さはありませんがとても美味しいイチジクでした。

●主な産地と旬

◆主な産地と生産量

ザ・キング いちじく イチジク

 ザ・キングの生産量は統計データが無く詳しい情報は分かりませんが、本州から四国、九州まで広く栽培されているようです。とは言っても、どこもまとまった量を産しているわけではなく、そのほとんどが産地で消費されているようです。

◆ザ・キングの収穫時期と旬

 ザ・キングは夏果の実の品種特性で、露地栽培で6月中下旬から7月中旬にかけて収穫されています。

旬のカレンダー

品種 5月 6月 7月 8月
ザ・キング                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。