あまどころ/アマドコロ/甘野老:特徴や旬の時期と主な産地

あまどころ/アマドコロ/甘野老-山菜

●あまどころ(アマドコロ/甘野老)とは

◆ユリ科アマドコロ属

あまどころ/アマドコロ/甘野老-山菜

アマドコロはユリ科アマドコロ属の多年草で、地中に根茎をのばし、春に地上に芽を出し花を咲かせます。その姿はすずらんに似ており、一本の主軸の左右に交互に笹の葉に似た細長い葉を付け、その葉の付け根ごとに1個か2個の花をぶら下げます。花の形はややスリムな釣鐘型で裾が少し開きます。

山菜として以外に、観葉植物としても利用されています。

◆山菜として食べるのは若芽と根茎

アマドコロは東北地方で古くから山菜として食べられてきたようですが、一般にはあまり知られていないのではないでしょうか。食用とするのは春先に出てくる若芽と、地中に伸びている根茎です。若芽はウルイにも似た食感と豆類やアスパラにも似た風味と甘みがあり、とても美味しい山菜です。根茎部分にもほんのりと甘みがあり、里芋のような粘りがあります。

●あまどころ(アマドコロ/甘野老)主な産地と旬

◆アマドコロの主な産地

アマドコロは北海道から九州に至る全国の山野に自生しています。また近縁種なども含めるとアジアからヨーロッパに至る広い温帯域に分布しているとされています。

ただ、山菜として利用している地方は限られており、市場に出荷している産地は山形県や青森県など東北地方だkではないかと思われます。

◆あまどころ(アマドコロ/甘野老)の収穫時期と旬

アマドコロの若芽は3月頃から4月にかけて収穫され出荷されています。市場に出回る期間が非常に短く、食べられるのは3月中旬頃から4月いっぱいくらいとなります。

根茎部分は秋に収穫され、その時期が旬とされています。

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アマドコロ(若芽)                        
アマドコロ(根茎)