紅秀峰(べにしゅうほう)<サクランボの品種

紅秀峰(べにしゅうほう)

■紅秀峰(べにしゅうほう)とは?

●山形県生まれの晩生種サクランボ

紅秀峰(べにしゅうほう)<サクランボの品種

紅秀峰(べにしゅうほう)は1979年(昭和54年)に山形県立園芸試験場において「佐藤錦」に「天香錦」を交配し、その7年後の1986年(昭和61年)に初結実した実生から選抜・育成されたもので、1991年11月に品種登録されました。

●紅秀峰(べにしゅうほう)の特徴

紅秀峰(べにしゅうほう)の果形は短心臓形、大きさは9g程と大きめで、果皮の色は帯赤黄斑で色付きがよく、国産のサクランボの中では濃く感じられます。

紅秀峰(べにしゅうほう)<サクランボの品種

果肉の色はクリーム色で着色はありません。果肉は硬めでしっかりとしていますが果汁はたっぷりと含まれ、酸味が少なくとても甘く感じられます。他の品種と比べ比較的日持が良く、流通性にも長けているとされています。

 

■紅秀峰の主な産地と旬

●紅秀峰の主な産地

紅秀峰の主な産地

紅秀峰の主な産地は山形県です。政府がまとめた平成23年産の栽培面積を見ると山形県が全国の8割以上を占めています。

●紅秀峰(べにしゅうほう)の収穫時期と旬

紅秀峰(べにしゅうほう)は晩生種で、佐藤錦の後に収穫が始まります。路地物は山形県辺りでは6月下旬~7月下旬、に収穫されます。それより南の地方やハウス物などはそれより早く6月上旬辺りから出回り始めます。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。