ブドウの品種:ピオーネとニューピオーネ

ニューピオーネ

■ピオーネとニューピオーネとは?

●巨峰とマスカットの交配種

昭和32年、静岡県の井川秀雄氏が巨峰(母)とカノンホール・マスカット(マスカット・オブ・アレキサンドリアの4倍体枝変り)(父)を交配し、育成し、昭和48年にピオーネ(イタリア語で開拓者という意味)と改名され、種苗名称登録されました。(岡山県のホームページより)

●ピオーネとニューピオーネ

ピオーネにデラウエアと同じようにジベレリン処理を行うことで種無しに育てたものがニューピオーネとして出荷されています。

●ピオーネの特徴

ピオーネは巨峰の血を受け継ぎ、色は濃い紫から紫黒色で、粒が非常に大きく食べ応えがあるブドウです。果粒は巨峰よりやや大きく、爽快な香気(マスカット)をもち、風味が大変いいです。多汁で、糖度も16度以上になり、強い甘さとそれを支える酸味を持っています。最近は種無し栽培が盛んで、巨峰と並ぶ人気があります。

果皮は硬く、剥いたほうがいいでしょう。粒の先端に薄く十字の切り込みをいれ、果頂部から剥くと綺麗に剥きやすいです。花びらのように半分だけ剥いてかざりつけたりします。

■ピオーネとニューピオーネの主な産地と旬

●全国のピオーネ栽培面積

上のデータは政府がまとめた平成21年のピオーネ栽培面積です。ピオーネの主な産地は岡山県と山梨県となっています。

(※上のデータは生産量ではなく栽培面積で、単位はtではなくhaの間違いです。申し訳ございません。)

●ピオーネとニューピオーネの収穫時期と旬

ハウスものは早いものは4月ごろから出始め、路地ものが出始めるのは8月に入ってからです。出盛りの旬は8月下旬から9月いっぱい、10月の初旬ごろまでです。

旬のカレンダー

品種 7月 8月 9月 10月
ハウスもの                        
路地もの                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。