天草(あまくさ)・美娘(みこ)

天草(あまくさ)・美娘(みこ)

■天草(あまくさ)・美娘(みこ)とは

●(「清見タンゴール」×「興津早生みかん」)×「ページオレンジ」

天草オレンジ・美娘(みこ)

天草(あまくさ)は、果樹試験場・長崎県口之津支場において「清見タンゴール」と「興津早生みかん」を掛け合わせた品種に「ページオレンジ」を交配して生まれた品種で、1993年に命名され、1995年8月に品種登録されました。オレンジとミカンの交配種=タンゴールの一種となることから、「天草オレンジ」又は「天草みかん」などとも呼ばれています。

●美娘(みこ)は大分県産のブランド名

天草オレンジ・美娘(みこ)

美娘はおおいた中央柑橘連の特選ブランドで、大分県内の温室栽培で作られた天草のうち、最新鋭の光センサーで外観・味・品質がチェックされ、基準をクリアしたものだけが出荷されます。名前は初々しい生娘を意味する大分の方言<びこ>から名付けられたそうです。

●天草(あまくさ)の特徴

天草(あまくさ)・美娘(みこ)

天草(あまくさ)の果実は200g前後で、見た目の大きさに対してずっしるとした重みを感じます。果形は扁球形で玉揃いが良いです。

果皮はかなり薄く、赤橙色で艶があり滑らかです。

果肉は柔らかくとてもジュ-シーで、じょうのう膜が薄く、苦味はありません。

天草(あまくさ)・美娘(みこ)

皮がとても薄く、じょうのう膜と一体化している感じで、みかんのように手で皮を剥くことはできません。また、果肉が柔らかく果汁も多いので、房ごとにバラす事もできませ。。

●天草(あまくさ)の美味しい食べ方

食べるときは、ナイフで皮を剥き、オレンジのようにナイフを使って房どりするか、半分に切ってから、何等分かに串切りにして、皮の部分を持ってかぶりつくように食べます。状のう膜はとても薄いので果肉と一緒に食べても口に残らず気にならないでしょう。

■天草(あまくさ)と美娘(みこ)の主な産地と食べごろの旬

●天草(あまくさ)の主な産地

天草(あまくさ)・美娘(みこ)

政府がまとめた平成22年産の天草の生産量です。

天草は主に愛媛県で作られ、全国の44%を占めています。

それ以外は九州で作られ、長崎県、沖縄県、佐賀県、大分県と続きます。

●美娘(みこ)の主な産地

美娘は大分県内の温室栽培で作られた天草のうち、おおいた中央柑橘園芸農業協同組合連合会が設定した糖度、酸度の基準をクリアしたものだけに付けられるブランド名なので、大分県が産地となります。

●天草(あまくさ)と美娘(みこ)の収穫時期と美味しい旬

天草は路地物で1月上旬あたりから収穫が始まり、中旬から2月中旬にかけて最盛期となり、この時期が旬となります。一方美娘は、温室栽培なのでそれより早い時期の11月下旬頃から12月いっぱいが収穫のピークとなり、旬は11月下旬頃から1月上旬辺りまでとなります。

旬のカレンダー

品種 11月 12月 1月 2月
天草(あまくさ)                        
美娘(みこ)                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします