伊予柑(イヨカン/いよかん)の特徴や旬と主な産地

いよかん(伊予柑)

■イヨカン(伊予柑/いよかん)とは

●ミカン科ミカン属 

伊予柑(イヨカン/いよかん)

 日本が原産とされ、明治時代に山口県の萩市で発見されたとされ、その昔はその当時の地名「穴門」にちなんで「穴門蜜柑」と呼ばれていたようです。しかし、現在では主に愛媛県で生産され、名前も現在の主な産地である伊予の国(愛媛県)から「伊代柑」と付けられたようです。

●伊予柑の特徴

 皮は艶のある濃い橙色で、やや厚いのですが、比較的剥き易いです。果肉は柔らかく多汁で、甘味酸味ともバランスよく、濃厚な味わいです。香りも強く持っています。

■イヨカン(伊予柑/いよかん)の主な産地と旬

●伊予柑(いよかん)は愛媛県の特産

伊予柑の全国の収穫量ランキング

 代表的な産地は名前の伊予の国、愛媛県です。全体の約9割を出荷しています。。 その他にも和歌山県や佐賀県、山口県などが生産しています。

 平成27年産の収穫量を見ると、愛媛3319.3トン、和歌山962トン佐賀812.2トンとなっています。

●イヨカンは冬が旬

 収穫は地方により早い所では11月下旬頃から始まりますが、本格的な旬は1月から2月までです。また、愛媛県では1月に収穫したものを3月まで貯蔵熟成させた高品質のものを「弥生紅(やよいべに)」というブランドで出荷しています。

伊予柑 いよかんの旬カレンダー
旬のカレンダー 11月 12月 1月 2月 3月 4月
イヨカン                                  

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。