オレンジの品種:ブラッドオレンジ・タロッコオレンジ・モロオレンジ

モロオレンジ<ブラッドオレンジ

■ブラッドオレンジとは

●ブラッドオレンジとは果肉が紅いオレンジの総称

ブラッドオレンジと呼ばれているものは、果肉が紅いオレンジの総称で、その名の通り血のような赤い色をしています。この色はアントシアニンによるもので、一般的なオレンジに比べ、抗酸化効果が強いと考えられます。

主なものにはサングイネッロ(Sanguinello)種やイタリアのタロッコ(Tarocco)種、シチリアのモロ(Moro)種などがあります。

タロッコジュースやブラッドオレンジジュースは日本でも良く見かけるようになりました。

●国内の産地

国内では、タロッコ種とモロ種が栽培されています。タロッコオレンジは平成21年でみると愛媛で31トン、大分で6トンが作られています。その他和歌山県などでも作られています。

■ブラッドオレンジの主な品種

●モロ種

モロオレンジ<ブラッドオレンジ

モロ種はシチリア島東部のカターニア平原で作られてきたオレンジで、ブラッドオレンジの中では最も赤みが強く、皮の部分にも赤みが出ています。果肉の色も最も濃く、美しいというよりもややどす黒い印象があります。

モロオレンジ<ブラッドオレンジ

●タロッコ種

ブラッドオレンジの品種:タロッコオレンジ

イタリアでポピュラーなオレンジで、スペインのサングイネッロ種が変異したものとも言われています。ブラッドオレンジの中では最も甘みが強く、それを支える酸味もあってとても濃厚な味が特徴です。色的には最も薄く、ほんのりと赤紫がさす程度ですが、ジュースの美味しさには定評があり、世界的にも人気があるオレンジです。

国内でも和歌山などで生産されており、近年スーパーなどでも見かけるようになりましたね。ここに掲載している画像は和歌山産の物です。

ブラッドオレンジの品種:タロッコオレンジ

●サングイネッロ種

サンサングイネッロ種はスペインが原産とされるオレンジで、モロ種と似ていて、同じように皮の部分にまで赤みが出ています。

■ブラッドオレンジの収穫時期と旬

●国産オレンジの収穫時期と食べ頃の旬

タロッコオレンジは2月下旬頃に収穫され、一旦貯蔵されたのち、3月中旬から4月初旬に出荷されます。

●ブラッドオレンジの旬カレンダー

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アメリカ産モロ種  
国産モロ種                                                
イタリア産タロッコ種                                                
国産タロッコオレンジ                                                

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。