マハチャノ種タイマンゴーの特徴

マハチャノ種タイマンゴー

■マハチャノ種タイマンゴーとは?

●タイ王国が輸出向けに開発した品種

マハチャノ種タイマンゴー

マハチャノ種はタイ王国からの輸入解禁要請を受け、2006 年(平成18年)11月に輸入が解禁された新品種です。

ナンカンワン種から育成された品種で、品種名前の「マハチャノ」とはタイで「のこぎり」という意味だそうです。タイ国王が名付けたと言われています。。

●マハチャノ種タイマンゴーは完熟で流通

マハチャノ種のタイマンゴーは基本的には完熟状態でタイから空輸されます。なので、追熟は必要なく、買った時点で美味しく食べられます。また、冷蔵庫に長時間入れておくと定温障害を起こしやすいので、食べる直前まで室温においておき、1~2時間前に冷蔵庫などで冷やすようにした方が良いです。

●マハチャノ種タイマンゴーの特徴

マハチャノ種タイマンゴー

マハチャノ種は全体にゆるいカーブを描いたような形で、大きさは300g~400g程あります。表面の色は部分的に少し赤みを帯びた明るいオレンジ色ですべすべしています。

果肉はイエローオレンジで繊維質が少なく滑らかな舌触りで、甘み酸味とも強くナムドクマイ種よりも濃厚な味わいが楽しめます。また、香りが強いのも特徴となっています。

マハチャノ種タイマンゴー

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。