黒皮栗南瓜(くろかわくりかぼちゃ)>西洋カボチャの品種

黒皮栗南瓜(くろかわくりかぼちゃ)

●黒皮栗南瓜(くろかわくりかぼちゃ)とは

◆西洋カボチャの品種群

 黒皮栗南瓜(くろかわくりかぼちゃ)は現在広く一般的に流通しているカボチャの代名詞できな品種で、「みやこかぼちゃ」や「えびす南瓜」、「ほっこりえびす」「くりゆたか」「九重栗南瓜」などの品種群の総称です。

◆黒皮栗南瓜(くろかわくりかぼちゃ)の特徴

 黒皮栗南瓜(くろかわくりかぼちゃ)の特徴は、その名の通り、表皮の色が緑から濃い緑で、薄い緑色のストライプが入るものが多いです。果肉は色がオレンジ色で、肉質は粉質で加熱調理することで甘みが引き出され食べた時に栗のようにホクホクするタイプの南瓜です。

◆九重栗(くじゅうくり)南瓜

九重栗南瓜 かぼちゃ 南瓜

 「九重栗南瓜」はカネコ種苗株式会社が種を販売している品種です。カネコ種苗のホームページには以下のように特徴が紹介されています。

▶ 果肉色は濃黄色で、果皮とのコントラストが美しいです。肉質は極めて粉質で、食味に優れます。

▶ 果皮は濃緑色で、光沢に優れます。ちらし模様は無く、細いストライプが入ります。

▶ 果実は1.8〜2.0kg前後で、基本的に果形はやや甲高のハート形です。

 今回撮影したものは顕著ではありませんが、尻が少し突き出る傾向があり、断面がハート型になるものが多いです。

 肉質は粉質でほっくりと煮あがりますが、火が通りやすく似すぎると煮崩れもしやすいので注意しましょう。

九重栗南瓜の写真一覧 →

◆ほっこりえびす

ほっこりえびす かぼちゃ 南瓜

 「ほっこりえびす」はタキイ種苗株式会社が種を販売している品種です。タキイ種苗のホームページを見ると以下のような特徴が紹介されています。

 「えびす」もタキイ種苗ですが、「えびす」が扁平な形が多いのに対し、「ほっこりえびす」は果重1.5~1.6kg程度で、甲高な果形になる傾向があります。

 肉質は粉質で甘みが強く品質良好。

ほっこりえびす南瓜の写真一覧 →

◆みやこ

みやこ南瓜

 「みやこ」は株式会社 サカタのタネが種を販売している品種です。この品種も広く各地で栽培されています。

みやこ南瓜の写真一覧 →

◆えびす

  「えびす」はタキイ種苗株式会社が種を販売している品種で、広く各地で栽培され黒皮栗南瓜の代表的な品種の一つとなっています。中でも鹿児島は「加世田のかぼちゃ」で知られていますが、その約9割が本種だそうです。

タキイ種苗のホームページには以下のように特徴が紹介されています。

▶ 果重1.7~1.9kg程度によくそろい、果形は扁円球。果皮は濃緑色でちらし斑が入る。

▶ 果肉は濃黄色で厚く、肉質はやや粘質で食味良好。

えびす南瓜の写真一覧 →


皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。