四方竹/しほうちく/シホウチク : 保存方法、茹で方と料理

四方竹/しほうちく/シホウチク<筍

●四方竹(しほうちく)の保存方法

◆四方竹はすぐに茹でてアク抜きをする

 四方竹は他のタケノコ以上にアクが回りやすいと言われています。採ってきたり買ってきたらすぐに茹でましょう。

四方竹/しほうちく/シホウチク<筍

 茹でた状態の物は冷蔵庫に入れておき、水を時々変えれば1週間ほどは持ちます。

◆茹でてから冷凍も

 長期保存する場合は茹でて一晩水にさらしてアク抜きした物を水を切り、タケノコの重さに対し4%程の塩を振って冷凍保存する事も出来ます。使う時には流水で解凍します。

●四方竹(しほうちく)の茹で方と主な料理

◆皮を剥かずに茹でる

四方竹/しほうちく/シホウチク<筍

 四方竹は食べられるようにするにはまず茹でてアク抜きをしなければなりません。

 ハチクの場合は皮を剥いて茹でますが、四方竹は皮を剥かずに茹でます。糠(ぬか)は加えなくても大丈夫です。

 穂先には身が詰まっていないので5~7cm程切り落とし、鍋に入る長さに切ってから鍋に入れ、たっぷりの水を張り火にかけ茹ではじめます。沸騰してから10~15分程茹でたら火を止めます。

 茹で上がったタケノコを冷たい水の中に放ち一気に冷まします。

 粗熱が取れたら、皮を剥きます。この時、両手で持ち、両方の親指の爪先で茎が見えるところまで切り開くように先まで進め、皮を剥くと言うより、皮から茎を取り出すような感じに進めると穂先まで早く綺麗に剥くことができます。

剥き終えたら冷水にさらして冷蔵庫に一晩入れてアクを抜きます。

◆四方竹のタケノコご飯

四方竹/しほうちく/シホウチクの炊き込みご飯

 昆布出汁と塩だけでシンプルなタケノコご飯にすると優しい香りが活かせます。もちろん、鶏肉やこんにゃくなど色々な具だくさんの炊き込みご飯も楽しいですよね。

◆炒め物

 斜め切りにして、きんぴらにしたり、野菜炒めに加える他、パスタの具にも使えます。

◆揚げ物

 天ぷらはとても美味しいです。通常は茹でたものを揚げますが、煮物にしたものでも美味しいですよ。

◆煮物

四方竹の煮物/筑前煮

 タケノコと言えばやはり煮物は王道です。四方竹は根元の部分を煮物に使うと良いでしょう。穂先は柔らかいので、天ぷらなど他の料理にも使えますが、固めの根元は煮込む方が食べやすいです。

◆四方竹(しほうちく)を使った料理をレシピサイトで探す

 主な料理レシピサイトの四方竹を使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。