シェリー/Cherie<ジャガイモの品種:特徴

シェリー/Cherie<ジャガイモ

●シェリーとは

◆フランス生まれの赤皮ポテト

シェリー/Cherie<ジャガイモ

シェリーはフランスのジェルミコーパ エス エイ エス(GERMICOPA)社が1985年にフランスで「ローズバル」にVK 76.199.3を交配し育成した固定種で、長楕円形で皮の色が赤く、肉色は淡黄の調理向きの品種として1997年にフランスで登録、2004(平成16)年には日本でも種苗法に基づく品種登録がいます。

原産国のフランスでは赤皮のジャガイモでは最もポピュラーな中早生品種なんだそうです。

国内では(株)ジャパンポテト(キリンビール(株)と農事組合法人・黄金崎農場の合弁会社で、その後、株式会社ホーブに買収され吸収合併されています。)が独占販売権を持っています。

◆シェリーの特徴

シェリー/Cherieの断面<ジャガイモ

シェリーの芋は長楕円形で皮の色がサツマイモのように赤いのが特徴で、芽が浅く表面がつるっとしていて光沢があり綺麗です。

着生数が多く、小玉が沢山穫れる傾向があります。

肉色は淡い黄色で、粉質が少なく粘質でホクホクタイプではありません。

●美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

表皮は薄く、そのまま調理することもできますが、茹でたり蒸すと手で綺麗に剥きやすいです。

茹でたシェリー/Cherie<ジャガイモ皮ごと素揚げしたシェリー/Cherie<ジャガイモ

◆適した料理

粘質で煮ても崩れにくいということから、シチューやカレーなど煮込み料理に適しています。

試しに素揚げしてみましたが、やはりホクホク感はなく、食味は今一つでした。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。