ミョウガ(茗荷/みょうが):旬の時期と特徴や主な産地

ミョウガ/茗荷/みょうが

■ミョウガ(茗荷/みょうが)とは

●ショウガ科・ショウガ属  (英)Japanese ginger 

ミョウガ/茗荷/みょうが

ミョウガは本州から沖縄まで自生する多年草で、ショウガの仲間です。生姜などと共に花も茎も香味野菜として日本では古くから親しまれていますが、食用に栽培しているのは日本だけで、日本でしか食べれない野菜のひとつです。

●みょうがを食べ過ぎるとバカになる?

 古くからの言い伝えでは、あまりたくさんみょうがを食べるとバカになると言われてきましたが、安心して良いようです。これは、釈迦の弟子の一人「周梨槃特(スリバンドク)」という人物がいて、彼はいつも自分の名前すら忘れてしまうほど物忘れが激しかったそうです。その彼の墓に生えていた草(みょうが)に、名前を荷って死んでいった彼にちなんで「茗荷」となずけたそうです。

●花みょうがとみょうがたけ

 ミョウガは地下に地下茎を伸ばして広がります。地表に伸びている葉が付いた茎の様なものは茎ではなく偽茎と言われるものです。そして、赤い芽の様なもの、詰まりミョウガが土から顔を出すのですが、これは花のつぼみのようなものなんです。なので、ミョウガの事を「花みょうが」と呼んだりします。

 また、土を盛るなどして偽茎と呼ばれる葉の部分を軟化栽培した竹の子のようなものを「みょうがたけ」と呼びます。ミョウガタケの解説はこちら →

■ミョウガ(茗荷/みょうが)の産地と旬の時期

●ミョウガの主な産地は

花ミョウガは高知県のハウス栽培で通年出荷されており、その生産量も圧倒的に日本一。全国の75%~80%を占め続け、2009年は4582トンにもありました。そのほとんどは施設栽培で生産されています。一方、生産量は秋田7%、群馬5%程で高知県に続く両県では主に露地栽培で生産されています。

右の表は平成20年の生産量です。

 またミョウガタケは作っている所が少なく、宮城県が有名で、次いで京都となっています。農林水産省の統計データを見る限り、その他には群馬が僅かに作っている程度で、ほとんど他では作られていないようです。

●ミョウガの旬は

 高知のハウス栽培もあり、通年流通していますが、通常6月から10月過ぎの夏から秋にかけての間が旬になります。その中でも夏のものは「夏みょうが」、秋に採れるものは「秋みょうが」と呼ばれています。おおむね「秋みょうが」の方がふっくらとして大きいようです。

●ミョウガの旬カレンダー

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
花みょうが                        
みょうがたけ                        

■ミョウガの画像ギャラリー