旬の食材百科TOP  / 野菜百科 /  果物百科 / 魚貝百科 / きのこ百科 / ハーブ百科 / レシピノート

野菜トップ

旬の野菜 

栄養素の働きや、その栄養素を多く含む野菜、果物、魚介が一目で分かります


楽天市場から旬の野菜を産直でお取寄せできます


ワラビ(蕨/わらび):選び方と保存方法、アク抜きと食べ方や栄養価

ワラビ(蕨/わらび)

■ワラビ(蕨/わらび)の選び方と保存方法

ワラビ(蕨/わらび)●ワラビの選び方

ワラビは新鮮なものには産毛が沢山付いています。そういうものを選びましょう。また、茎が太く短い物、首がまだ上を向く前くらいの物が柔らかく美味しいです。

栽培物は30cm位の物が良いです。茎の部分が緑色の物を選んでください。鮮度が落ちると茶色っぽく変色してきます。

●保存方法

ワラビはアクも強く鮮度も落ちやすいので、生のまま保存する事は考えないでください。なるべく早くアク抜きをして、水に浸したまま冷蔵庫に入れておきます。2〜3日で使い切りましょう。

長期保存したい場合は塩漬けか干物にします。

乾燥ワラビの作り方はこちら →

■食べ方と主な料理

●灰汁が強いので十分に灰汁抜きをします

ワラビには強い灰汁が含まれており、生で食べると中毒を起こしてしまうほどです。十分に灰汁を抜いてから調理するようにしましょう。灰汁抜きの方法はいくつかありますが、一般的には、沸騰している所に重層か木炭を入れそこにワラビを浸けて更に加熱し、沸騰寸前で火を止めてそのまま自然に冷めるまで落としブタをしておいておき、冷めたら水を交換して一晩さらしておきます。又は鍋に入れたワラビに、木炭か重層をふりかけ、そこに熱湯を回しかけて落としブタをして一晩置いておき、水洗いして使います。

茹でる方法はこちらに詳しく載せました →

茹で過ぎると歯触りが無くなり、ズルズルした感じになってしまうので注意してください。

アク抜きが終わったワラビは、長さを揃えて束ねて切りそろえておくとお浸しなどにした時に美しく盛り付けやすくなります

ワラビとお揚げの炊いたん●主な料理

お浸し

山菜サラダとしてトッピングに

炊き込みご飯の具材に

天ぷらも美味しい

パスタの具材としても美味しい

ワラビの特徴と旬の時期はこちら →

ページトップに戻る

■ワラビ(蕨/わらび)に含まれる栄養成分

●ワラビには強い毒性も

ワラビは十分に灰汁抜きをしないと、強い毒性のある成分も含まれており、これを大量に摂取すると大量出血症状を起こし、更に骨髄を壊して死に至る事もあるようです。とはいっても、もちろん灰汁をしっかりと抜いておけばこの毒性成分は別の成分に変わり安全になるとの事です。

●ワラビを茹でたもの 可食部100gあたりの成分

水分
灰分
15kcal
95.2g
1.5g
0.1g
3.0g
0.2g
-g
-g
0
3.0g

C

160μg
1.3mg
15μg
tr mg
0.05mg
0.4mg
0mg
33μg
0mg
0mg

ナトリウム
リン
3mg
10mg
31mg
10mg
24mg
0.6mg
五訂日本食品標準成分表より

ワラビの特徴と旬の時期はこちら →

ワラビの茹で方と天日干し乾燥の方法はこちら →

ワラビの画像一覧 →

ページトップに戻る

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




   旬の食材百科トップ   / 魚貝百科  / 野菜百科  / 果物百科  / きのこ百科 / ハーブ百科

 

栄養と食材 / 旬の食材百科レシピノート / サイトポリシー / 管理者

 

関連リンク ;

 

旅しようよ / 幸せにしてくれるレストランを探そう! 

Copyright (C) 2003 -2016 All Rights Reserved by Foodslink.jp

飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク / 旬の陸釣りノート /  「旬の食材百科」 これ食べてみた / ブログ