祝蕾(しゅくらい)の特徴

祝蕾/シュクライ/しゅくらい

●祝蕾(しゅくらい)とは

◆アブラナ科アブラナ属 

祝蕾/シュクライ/しゅくらい

祝蕾は中国が原産といわれるアブラナ科の高菜の一種とされています。一般的なからし菜が葉を食用とするのに対し、この祝蕾は、葉だけではなく、一株で4キロから5キロの大きな株から出てくるわき芽(蕾)の部分を収穫し食用とします。

祝蕾/シュクライ/しゅくらい

福岡で作られている「蕾菜(つぼみな)」と同じ仲間と考えて良いでしょう。

◆塊の祝蕾

祝蕾は脇芽を収穫されるのですが、主軸の頭にも芽が沢山付きます。その頭の部分の塊がバラされずにそのまま販売されていたので買ってみました。一塊で大小10数個の芽が付いていて随分重みがあります。

◆祝蕾(しゅくらい)の特徴

祝蕾/シュクライ/しゅくらい祝蕾/シュクライ/しゅくらい

葉の部分はピリっとした辛味があり、若い葉は生のままレタスのようにサラダなどで食べることが出来ます。芽の部分はコリコリした食感が楽しめます。春を思わせる蕾の形、火のとおりが早く調理し易いこと、 火を通すと色が鮮やかな緑色に変わるのが特徴です。

旬の時期や選び方と保存方法や、食べ方や料理などは蕾菜と同じと考え、蕾菜のページを参考にしてください。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします