ロロン・カボチャ>西洋南瓜の品種

ロロン・カボチャ

●ロロン・カボチャとは

◆タキイ種苗が開発した南瓜の品種

ロロン・カボチャ

ロロンかぼちゃはタキイ種苗が開発し2009年に販売が開始されたラグビーボール形のユニークな果形をした南瓜の新品種です。

「ロロン」という名称は、育成者の「ロマン」と、まるで食味が「マロン」のような甘さとおいしさを持つことが由来とされています。

この数年、この品種の食感や外見が注目されるようになり、徐々に人気が高まっています。

◆ロロン・カボチャの特徴

ロロン・カボチャ

ロロンカボチャは2kg前後の大きさになり、ラグビーボールのような果頂部とお尻が細くなった形になった物が多く、果皮は濃緑でチラシ斑が入り、一般的な栗カボチャとよく似ています。

肉質は非常に粉質で、キメが細かく、滑らかな舌触りと上品な甘さが感じられます。加熱することでホクホクしていながら滑らかな食感が楽しめます。

◆美味しい食べ方

ホクホクした食感を活かし、コロッケや揚げ物がお勧め。栗カボチャほど甘くは無いのですが、それがかえって料理にした時に美味しく感じられます。

もちろん、煮物や焼き物などに使っても美味しいです。

きめが細かいので、裏ごしもスムーズにでき、滑らかなペースト状になります。なので、プリンやポタージュなどにしても良いでしょう。

ロロン・カボチャの断面>西洋南瓜