ミブナ(壬生菜/みぶな):旬の時期と特徴

ミブナ(壬生菜/みぶな)

■ミブナ(壬生菜/みぶな)とは

●アブラナ科アブラナ属

ミブナ/壬生菜/みぶな

ミブナはアブラナ科アブラナ属の一種で、ミズナと同じ仲間です。カブから伸びる様子はミズナとそっくりですが、ミズナと違い葉にギザギザが無く細長く丸い形をしています。

●京都の伝統野菜でもあります

壬生菜は水菜とともに京菜とも呼ばれ、関西では古くから親しまれている冬の野菜です。水菜と並び京都の伝統野菜のひとつ。水菜にはあまり無い、少しピリッとくる辛さを持っています。

●古くからの物と今時の物

ミブナ/壬生菜/みぶな

古くから栽培されている元来の物は、水菜も同じですが茎がしっかりとしていて葉も青々としています。しかし近年は、ハウスなどでも栽培され、サラダでも食べられるような細い物も多く見られます。

■ミブナ(壬生菜/みぶな)の旬の時期

●主な産地

ミブナ/壬生菜/みぶな

ミブナは京都の伝統野菜にも指定されている通り、京都を中心に栽培されてきました。その周辺の奈良県や滋賀県などでも作られています。

●壬生菜は水菜と同様、冬が旬の野菜

水菜はハウス栽培などが進み、ほぼ通年市場にはありますが、ミブナは露地栽培が中心で冬の野菜です。 12月頃から出始め、1月をピークに3月頃まで並びます。食べ頃の旬は1月2月です。

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
壬生菜                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。