クワイ(慈姑):旬の時期と特徴や主な産地

クワイ/慈姑/くわい

■クワイ(慈姑)とは

●オモダカ科オモダカ属  (英)arrowhead 

クワイ(慈姑)

クワイは中国原産のオモダカ科の水性野菜で、見た目は里芋に似た球形です。中国と日本でしか栽培されていないようで、中国のものが白クワイと呼ばれ、日本のものは青いので青クワイと呼ばれています。中国のものは、しゃきしゃきした独特の歯ざわりがあります。日本では、勢いよく芽が出ることから縁起物として正月料理に用いられます。そのため、市場に出回るのもその時期が中心になります。

●主な3種

◆青クワイ(アオクワイ)

国内の各地で栽培されているのはほとんどこの品種。正月のおせちに入るのも主にこれを使います。

●吹田クワイ(スイタクワイ)

大阪府吹田で古くから栽培された小ぶりの品種で、なにわの伝統野菜とされています。その歴史は古く、万葉集にも帰されているそうです。江戸時代には貝原益軒が「大和本草」にも取り上げています。宅地開発などが進み一時絶滅の危機にあったようですが、近年保存活動が行われています。吹田クワイはアオクワイよりも小ぶりで、「ヒメクワイ」や「マメクワイ」などとも呼ばれています。肉質は緻密でえぐみが少なく、甘みがあり、栗のような食感があります。

◆白クワイ(シロクワイ)

白クワイは中国の品種で、青クワイよりも大きな楕円形で、硬めで味的には青クワイより劣ります。

●クワイ(慈姑)の主な産地と生産量

クワイ(慈姑)の生産量

 クワイの全国の生産量を見ると、東の埼玉県と西の広島県で全体の90%を生産しています。広島は福山が有名で、埼玉は越谷市などが知られています。

 また、京都では「京野菜」の一つに選定されています。

●クワイ(慈姑)の旬の時期

●クワイの収穫時期と旬は

クワイの収穫は9月頃から始まり、春先まで続きます。しかし、年間流通量の大半は11月下旬から年明け1月頃までに集中しています。そういう意味では、その時期、11月から1月頃までが旬と言えるのではないでしょうか。

また、年明けには一気に価格が下がり手頃な価格に落ち着くので、ある意味お買い得となります。

品種 11月 12月 1月 2月
くわい                        
クワイ/慈姑/くわい

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。