半白きゅうり/半白胡瓜/半白キュウリ<きゅうりの品種

馬込半白節成りきゅうり/相模半白胡瓜

■半白胡瓜(はんしろきゅうり)とは

◆江戸以前に渡来した華南系胡瓜

馬込半白節成りきゅうり/相模半白胡瓜 馬込半白節成りきゅうり/相模半白胡瓜

半白胡瓜は江戸以前に渡来した華南系の胡瓜が元とされる品種で、首の近く上部が緑色でそこから先に向けてグラデーションのように白くなる事から半白胡瓜と呼ばれています。馬込半白節成胡瓜をはじめ、それを改良した相模半白胡瓜、そして大阪の伝統野菜で知られる毛馬胡瓜も色合いは半白胡瓜ですが、少し形や長さは違い、特性も異なるので「旬の食材百科」では別系統の品種として扱います。

この半白胡瓜は節(主軸から延びる葉柄の付け根)ごとに着果する傾向になる事から半白節成りきゅうりとも呼ばれています。また、現在主流となっている白イボ胡瓜に対し、半白胡瓜は黒イボ胡瓜です。

◆半白胡瓜(はんしろきゅうり)の特徴と食べ方

馬込半白節成りきゅうり/相模半白胡瓜

馬込半白節成り胡瓜は長さ20~25cm程で、一般的な白イボ胡瓜より少し大きめです。一方、相模半白胡瓜は18~20cm程のやや太短い形をしています。相模半白きゅうりは馬込半白きゅうりに比べ苦味が出にくいとされています。どちらもやや太めになるのですが、中に空洞ができやすい傾向にあります。

いずれも胡瓜本来の風味が強く、みずみずしくパリッとした食感があり、浅漬けやサラダにすると美味しいです。また、古くからぬか漬けにつかわれてきました。

ただ、昔からの胡瓜特有の苦味が首の部分にある場合が多いので、塩を散らしたまな板の上でごろごろと転がす板ずりと呼ばれる下処理をした方が美味しく食べられます。

◆馬込半白節成りきゅうり

江戸東京野菜の一つに認定されている胡瓜で、明治時代に河原梅次郎氏によって華南系の大井胡瓜に瓜(うり)を掛け合わせて改良された品種とされています。

◆相模半白りきゅうり

馬込半白節成りきゅうり/相模半白胡瓜

1929(昭和4)年に神奈川県農業試験場の竹内技師が地元で作られていた馬込半白きゅうりの系統を改良した品種です。1960年代頃までは馬込半白に代わってこの相模半白が主流となっていました。

◆奈良の「大和野菜」

奈良県でも古くから作られてきた半白きゅうりが伝統野菜として「大和野菜」の一つとして扱われています。