からし菜(からしな/辛子菜)の旬や特徴

金沢の伝統野菜、二塚からしな/カラシナ/からし菜/芥子菜/辛子菜

■からし菜(からしな/辛子菜)とは

●アブラナ科アブラナ属の葉野菜 (英)leaf mustard

金沢の伝統野菜、二塚からしな/カラシナ/からし菜/芥子菜/辛子菜

カラシナはアブラナの一種で、チンゲンサイやハクサイ、コウサイタイなどと同じ仲間になります。種から和からしが作られますが、カラシナはその菜葉で、からし特有の辛味と香りがあります。一般的には漬物やお浸しなどにされる事が多いようです。

二塚からし菜は種の保存が必要な「金沢の伝統野菜」に認定されています。

加賀野菜「二塚からし菜」-金沢市農産物ブランド協会ホームページ

●からし菜の特徴

カラシナ/からし菜/芥子菜/辛子菜

からし菜の葉は大根の葉に似た、深い切込みが入った形状で、長さ20~25cm位で収穫されています。

葉はやや黄緑に近い緑で柔らかく、春にとう立ちし始めた茎も柔らかく適度な歯ざわりが楽しめます。金沢の二塚からしなには赤紫色が混じるものも多いです。

葉や茎は辛し特有のピリッとした辛味があり、これがお浸しや漬物にしたときに味のアクセントになりとても美味しいです。

●からし菜と呼ばれる物は他にもあります

こちらはサラダからし菜

からし菜として呼ばれている野菜はこの野菜以外にもあります。代表的なものは、スーパーなどで見かける、サラダからし菜。こちらは全く形状が違った物なので、別ページに掲載しました。タカナ(高菜)わさび菜もタカナの一種です。

また、タカナに近いレッドリーフマスタードもからし菜として作られ流通しています。

■からし菜(からしな/辛子菜)が出回る旬の時期

●からし菜は春が旬の野菜です

からし菜は種を撒く時期により、年内から収穫が始まりますが、最盛期は花が咲く前の春先で、2月から3月が旬になります。

●からし菜の旬カレンダー

品種 12月 1月 2月 3月 4月
からし菜