わさび菜(ワサビナ)・愛彩菜(あいさいな):旬の時期や特徴と主な産地

わさび菜(ワサビナ)・愛彩菜(あいさいな)

●わさび菜(ワサビナ)とは

◆アブラナ科アブラナ属カラシナ種

わさび菜(ワサビナ)・愛彩菜(あいさいな)

わさび菜(ワサビナ)は、九州で在来種の「からし菜」から生まれた変異種を育成されたものとされています。福岡などで知られる高菜もそういったものの一つですね。

葉が、長く伸び、淵がギザギザのフリル状になるのが特徴で、からし菜特有のピリッとした辛みを持っています。

わさび菜(ワサビナ)・愛彩菜(あいさいな)

葉が柔らかく、生のままでもサラダなどで美味しく食べられ、見た目のボリューム感と鮮やかな色合い、そして持ち味のピリッとする味で人気があります。

◆「愛彩菜」もわさび菜です

滋賀県草津市が「愛彩菜」として生産しているものもこのわさび菜です。

●主な産地は

◆一大産地はないけれど、各地で栽培されています

九州から東北地方まで、各地で生産されています。滋賀県草津市では「愛彩菜」として地域ブランドの野菜として生産されています。

◆家庭菜園でも人気の野菜の一つ

家庭菜園でも手軽に栽培が出来て美味しく、珍しさもあって人気があります。

わさび菜の「種」のお取り寄せはこちら →

●わさび菜(ワサビナ)の旬は

◆通年市場には出回っています

わさび菜は通年市場には出回っていますが、秋から春にかけてが多く出回る時期です。

◆露地栽培の物は春先に旬となります。

露地栽培の物は晩秋の11月頃から翌3月初旬頃までが旬となります。特に、わさび菜のもつあのピリッとした辛さは、アリルイソチオシアネートという成分ですが、これは寒さにあたる期間が長いほど増えて強くなります。なので、12月頃の物はそれほど辛くなく、2月頃になるとしっかりと辛みを感じる物になるというデータが出ています。

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
わさび菜(市場)                        
わさび菜(露地物)                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします