赤毛瓜/モーウイ(モーウィ):特徴や主な産地と旬

赤毛瓜/モーウイ(モーウィ)/赤瓜

●赤毛瓜/モーウイ(モーウィ)とは

◆ウリ科キュウリ属

赤毛瓜/モーウイ(モーウィ)/赤瓜

赤毛瓜は毛瓜や赤瓜などとも呼ばれるウリ科のきゅうりと同じ仲間になります。沖縄では古くから栽培されてきた伝統野菜の一つで、モーウイ(モーウィ)という呼び名で親しまれています。

原産はインド西部と言われ、15世紀頃、中国南部から沖縄に伝わり、琉球王朝の宮廷料理に用いられていたとされています。

赤毛瓜/モーウイ(モーウィ)/赤瓜

外見はきゅうりっぽくなく、太くずんぐりとしていて、表面も茶色くなってから収穫されます。

◆赤瓜/モーウイ(モーウィ)/赤毛瓜の特徴

形は加賀の太きゅうりを更に一回り以上大きくした、太い円筒状で、長さ25~30cm、太さ7~10cm程、重さ1キロ以上になります。

果皮の表面は茶色で、表面に果実全体にわたり細かいひび割れが模様のようにできています。

皮は外見からの印象程厚くはなく、中の果肉は真っ白で、瓜らしく薄い緑のゼリー質と共に種が並んでいます。

赤毛瓜/モーウイ(モーウィ)/赤瓜

果肉は緻密で固くしまっていて、みずみずしいですが、きゅうりほどではなく、薄くスライスしたものをかじるとカリッとした歯ざわりが感じられます。

優しい瓜の香りはありますが、きゅうりのような青臭さはあまり感じられません。

●赤毛瓜(モーウイ)の主な産地と旬

◆赤毛瓜/モーウイ(モーウィ)の主な産地

赤毛瓜(モーウイ)は現在も沖縄が主な産地で、主に地胚栽培されていて、一般的なきゅうりに比べ価格が安く商業栽培というより、自家消費用として栽培されていることが多いようです。また、日持があまり良くなくい上に大きさがネックとなり、大都市への出荷も僅かしか行われていないとの事です。

近年、鹿児島でも栽培されるようになってきたとの情報もあり、この食感や栽培しやすさなどから、今度他の地域での栽培も増えてくるのではないかと思います。

◆赤毛瓜/モーウイ(モーウィ)の収穫時期と旬

沖縄では4月頃から8月頃まで収穫できるようですが、一年の中で他の野菜との輪作を行う場合が多く、雨風に強いモーウイ(モーウィ)は台風の時期に栽培され、収穫は7~8月が最も多くなります。

本州で栽培される場合は他のウリ科の野菜と同じように、夏から初秋が収穫時期となります。

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
赤毛瓜/モーウイ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします