ズッキーニ:選び方と保存方法、食べ方

色々なタイプのズッキーニ

●美味しいズッキーニの選び方

◆切り口が新しい物を選ぶ

ズッキーニはかぼちゃの仲間ですが、かぼちゃのように寝かせて美味しくなるというタイプではなく、新鮮なうちに食べた方が美味しい野菜です。選ぶ際は、切り口が新しい物を選びます。古くなると実がスカスカになるので、なるべく早く食べることをオススメします。

◆太さが均一なもの

ズッキーニはなるべく上から下まで太さが均一なもので、表面に傷がなく、艶のあるものを選んでください。また、育ち過ぎて太く大きくなり過ぎた物は味が落ちます。大き過ぎないものを選んでください。

●ズッキーニの保存方法

◆冷暗所に保存

ズッキーニは温度が低すぎると傷みが早くなります。新聞紙などにくるみ、冷暗所においておきます。それでも、なるべく早く食べた方が美味しくいただけます。

◆切った物は冷蔵庫

当然ですが、切ったズッキーニは冷蔵庫に入れ、早く食べるようにしてください。

スライスしたものを冷凍保存する事もできなくはないですが、食感が損なわれるのでお勧めは出来ません。

●ズッキーニの美味しい食べ方

◆調理のポイント

外見はきゅうりの様ですが、使い方はナスに近いと思ってください。皮もむかず、そのまま食べられます。

◆主な料理

焼く・・・薄くスライスし、さっと茹でてバターやオリーブオイルと絡めるだけでもおいしく食べられます。歯触り残る程度に、焼き過ぎない事がポイント

ズッキーニのトマトソースパスタ

揚げる・・・油との相性がいいので、フライや天ぷらなど揚げ物にも向いています。かぼちゃと同じと思って良いです。

詰め物の器として・・・ズッキーニの中をくりぬいて、詰め物をしてオーブンで焼いたり、揚げたりすることもできます

フェアリー・テイル、フレーテルとミニベルとズッキーニ、ベーコンのソテー

煮物・・・煮物にも使えます。また、味噌汁の具にしても美味しい。洋食では、トマトで煮たカポナータやラダトイユが有名。パスタのソースにもなります。

ピクルスに・・・生のまま酢漬けにして、ピクルスにしても美味しい

◆ズッキーニを使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトのズッキーニを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド E・recipes キッコーマン
ホームクッキング
レシピブログ 楽天レシピ 節約レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。