ヤーコンの旬の時期と特徴や産地

ヤーコン

●ヤーコンとは

◆アンデス生まれのキク科の根菜 (英)yacon

ヤーコン

ヤーコンは中南米アンデス高地原産のキク科の根菜で、草丈は1~2メートルにもなり、 地下の塊根(イモ)と塊茎を食用に利用します。 インカ帝国の昔から、果物のような野菜として親しまれていたそうです。

●究極のダイエット食

日本には、昭和60年(1985年)に伝わりましたが、当初は、その栄養成分が分からず、一度は忘れ去られましたが、地道な研究の結果、現在調べられているあらゆる野菜の中で、最高にフラクトオリゴ糖を含んでいる魅力的な野菜“オリゴ糖の塊のようなお芋”ということが発見され、食物繊維やミネラルを豊富に含んでいることと合わせてダイエット効果と美味を兼備した健康根菜として脚光を浴びています。

●ヤーコンの主な産地は

◆北海道と香川県

ヤーコンの主な産地は北海道です。中でも置戸町では1980年代後半から、栽培が始められ、現在では年間約20tと、市町村別で全国第1位の生産量(2008年の時点)になっているようです。

次いで香川県をはじめ、その他の地方でも各地で栽培されてはいるようです。とは言っても、全国的にその数はまだまだそう多くはなく、根菜として市場に出回る数は限られています。

ヤーコンの葉を使ったヤーコン茶の製造などにも使われています。

●ヤーコンの旬は

◆晩秋から冬が美味しい

ヤーコンは10月~12月にかけて収穫され、収穫されてから1~2ヶ月保存されます。

食べ頃のおいしい旬の時期は11月から2月までとなります。

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ヤーコン(収穫)                        
ヤーコン(食べ頃)                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。