アイスプラントの保存方法と食べ方、栄養価と効

アイスプラント(ツブリナ/プッチーナ/潮菜/バラフ/ソルトリーフ)

■アイスプラントの保存方法と食べ方

●アイスプラントの保存方法

 アイスプラントは乾燥しやすいので、ビニールやポリの袋に入れ、野菜庫に入れておきます。4日~5日は大丈夫ですが、食感が大切な野菜なので早めに食べる事をお勧めします。

●味に癖はなく、シャキシャキした食感が良い

アイスプラント(ツブリナ/プッチーナ/潮菜/バラフ/ソルトリーフ)

見た目のチョイグロな印象とは違い、アイスプラントは青菜特有の青臭さも無く、嫌な癖がほとんど感じられません。食感は、シャキシャキした感じで、繊維質も感じずとても歯切れが良い。ほのかな塩味があります。

●主に生食用、サラダに

アイスプラントはさっと水洗いするだけで食べられます。軽い塩味が付いているので、ドレッシングや塩は控えめで十分です。

●さっと茹でて

さっと茹でてお浸しやマリネとしても、鮮やかな緑とシャキシャキした食感が残り、美味しく食べられます。

●アイスプラントそのものには風味など特徴が無い

見た目、彩り、食感が身上の野菜で、煮物やピューレなど、それらを失うような調理方法には適していません。

●アイスプラントを使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトのアイスプラントを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

■アイスプラントに含まれる主な有効成分と効用

●アイスプラントは生活習慣病予防をはじめ、血糖値低下作用、抗酸化作用、抗老化効果があると期待

イノシトール類などの多くの機能成分が含まれ、これらは「抗脂肪肝ビタミン」といわれ生活習慣病予防をはじめ、血糖値低下作用、抗酸化作用、抗老化効果があると期待されています。

●ミネラルが豊富

アイスプラントは塩分だけでなく、ミネラルを吸い上げる力も強く、それを表面のブラッダー細胞にためる働きを持っています。それを活かし、カリウム、マグネシウムなどミネラルを豊富に持つ野菜となっています。

●アイスプラントにはβカロティンも豊富

βカロテンはレタスのおよそ3倍以上も含まれているようです。抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。