シーアスパラガス/厚岸草(アッケシソウ)/パスピエール/サムファイアー

シーアスパラガス/厚岸草(アッケシソウ)

●シーアスパラガス/厚岸草(アッケシソウ)とは

◆アカザ科 厚岸草/アッケシソウ (英)サムファイアー/Samphire、シーアスパラガス/Sea as   (仏)パスピエール/Passe Pierre (蘭)ゼークラル/zeekraal

シーアスパラガス/厚岸草(アッケシソウ)

シーアスパラガスと呼ばれているものはアカザ科の1年草で、海辺の冠水位から満潮水位の間に自生しています。北アメリカからヨーロッパ、アジアにかけての寒帯域に広く分布し、日本では1891(明治24)年に、北海道の厚岸湖の牡蠣島で初めて発見された事から厚岸草(アッケシソウ)と名付けられています。また、この厚岸草は秋になり寒くなると赤く色付き、その様子が珊瑚のように見えることから珊瑚草(サンゴソウ)とも呼ばれています。

海外では、イギリスではサムファイアー/Samphire、フランスではパスピエール/Passe Pierre、オランダではゼークラル/zeekraalとよばれています。

シーアスパラガス/厚岸草/アッケシソウ

日本では北海道をはじめ、瀬戸内海沿岸の塩田地でも見られ、愛媛県あたりが南限ではないかと言われていますが、全国的に塩田がなくなり、環境の変化などによって今ではほとんど見られなくなり、2000(平成12)年には絶滅危惧種に選定されています。

ヨーロッパでは比較的身近な食材として扱われ、スーパーなどにも並んでいます。写真の物はオランダの野菜果物卸ルンジス社から頂いたものです。

◆シーアスパラガス/厚岸草(アッケシソウ)の特徴

シーアスパラガスは成長すると分岐を繰り返し30cm近くにもなるとされていますが、食用としては若く柔らかい芽の部分が適しており、そういった部分だけを収穫した3~10cm程のものが出回っています。

海水で育つため、そのものに塩味があり、生のままでも食べることができます。また、マグネシウムをはじめ鉄分などのミネラルを豊富に含んでいる他、脳に良いアミノ酸を沢山含んでいるとも言われています。

●シーアスパラガス/厚岸草(アッケシソウ)の主な産地と旬

◆主な産地と生産量

シーアスパラガス/厚岸草/アッケシソウ

国内では絶滅危惧種になっているため、天然のものを収穫することはできません。また、栽培も行われていないようなので、輸入に頼るしかありません。

イギリスをはじめ、オランダなどヨーロッパでは栽培も行われているようです。国内にはイスラエルなどから入ってきているようです。

◆シーアスパラガス/厚岸草(アッケシソウ)の収穫時期と旬

収穫は新芽が伸びてくる春から夏まで行われているようです。出回るのは4月頃から9月頃までとなります。

旬のカレンダー
品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
シーアスパラガス                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。