ハヤトウリ(隼人瓜・はやとうり):旬の時期と特徴

ハヤトウリ(隼人瓜・はやとうり):旬の時期と特徴

●ハヤトウリ(隼人瓜・はやとうり)とは

◆ウリ科ハヤトウリ属 (英)chayote (仏)christophene

ハヤトウリ(隼人瓜・はやとうり)

ハヤトウリはメキシコ南部から南米北部にかけての熱帯アメリカが原産とされるウリ科ハヤトウリ属のつる性植物になる実です。アメリカではChayote(チャヨテ)、フランスではchristophene(クリストフィーネ)と呼ばれ比較的メジャーな野菜の1つです。

日本には1917(大正6)年に最初に鹿児島に持ち込まれ栽培が広まったため薩摩隼人の瓜という意味で隼人瓜と呼ばれるようになりました。

◆ものすごく豊産性が高いことから「千成瓜」とも

ハヤトウリ(隼人瓜・はやとうり)

ハヤトウリは一株から100個から多いと200個以上も実が収穫できることから千成瓜とも呼ばれています。

◆白い品種と薄緑の品種がある

ハヤトウリには果皮の色が白っぽいクリーム色の品種と、薄い緑色の品種があります。白色種は比較的刺毛が多く、やや小ぶりです。それに対し薄緑種はやや大きく、しかも豊産性が高いのですが、味的には少し青臭みが感じられ白色種に劣ります。

●ハヤトウリ(隼人瓜・はやとうり)の主な産地と旬

◆暑い地方が向いている

ハヤトウリはもともと南国の植物で霜に弱く、温かい気候を好みます。日本では関東以西の各地で農家や家庭菜園などでも作られていますが、営農栽培は鹿児島や沖縄など南の地方が中心となっています。具体的な生産量は政府では集計されていないようで確認できていません。

◆ハヤトウリの収穫時期と食べ頃の旬

ハヤトウリは栽培環境にもよりますが、9月初旬から中旬頃に花を付け、10月頃から収穫が始まり、次々と実が成り、11月頃まで収穫できます。また貯蔵性が非常に高く、収穫後翌春まで保存することが出来ます。

最も美味しい食べ頃の旬は10月中旬から11月にかけての秋になります。

旬のカレンダー
品種 9月 10月 11月 12月
ハヤトウリ(隼人瓜)