グラパラリーフ:旬の時期と特徴

グラパラリーフ

●グラパラリーフとは

◆ベンケイソウ科グラプトペタルム属 (英)ghost plant

グラパラリーフ

グラパラリーフというのは、学名"グラプトぺタルム・パラグアエンセ”(Graptopetalum paraguayense)というメキシコが原産とされる多肉植物を、食用に品種改良されたものとされています。グラプトぺタルム・パラグアエンセは園芸植物としても知られ、「朧月 (おぼろづき)」という名称がつけられています。

グラパラリーフは商標登録された名称で、朧月を改良した新品種として「はりんご」という名称で品種登録もされています。

◆非常に繁殖力が強い

グラパラリーフ

グラパラリーフは繁殖力が非常に強く、パックに詰めて流通している間にも葉の付け根部分から新芽や根を伸ばし始めます。右の写真の○の部分が芽が出ているところです。

栽培も簡単で、葉を土の上においておくだけですぐに芽を出し、根を伸ばして成長を始めます。

●グラパラリーフの主な産地と旬

◆各地で栽培がされ始めています

個々の農場などで栽培に取り組まれていますが、流通ベースで特産化されているところはまだ限られています。

秋田県や千葉県、愛知県などがあります。

◆グラパラリーフの旬

グラパラリーフは常緑多年生植物で、栽培もハウスなど施設栽培が行われています。出荷は通年行われています。

ただ、冬場の寒い時期は成長が著しく遅くなるので、温かい時期の方が沢山収穫できます。また、その食感や食味の特徴を考えても、寒い時期よりも暑い夏の方がさっぱりとして向いているのではないかと思います。個人的になってしまいますが、旬は初夏から夏の6月~9月だと感じます。

旬のカレンダー

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
グラパラリーフ