スカイベリー/栃木i27号<いちごの品種

スカイベリー/栃木i27号<いちご/イチゴ

■スカイベリーとは?

●栃木県が満を持して開発した「とちおとめ」の後継種

スカイベリー/栃木i27号<いちご/イチゴ

「女峰」から「とちおとめ」と長年イチゴ生産量日本一を維持してきた栃木県ですが、近年全国各地のイチゴ産地ではオリジナル品種の開発競争が激化し、人気品種も沢山生まれています。そんな中、平成23年には「とちおとめの」有効期限が切れ、全国どこでも生産できるようになってしまう事もあり、他府県産と差別化できる次のオリジナル品種が待ち望まれていました。

スカイベリーはそんな栃木県が全国で始めて設置したイチゴ研究所から、打倒「あまおう」を目標に生み出された新しい品種です。正式な品種名は「栃木i27号」といいます。

スカイベリー/栃木i27号<いちご/イチゴ

2011(平成23)年11月15日に農林水産省に品種登録の出願がなされたばかりで、まだ登録されていません。

スカイベリーという名称は、2012(平成24)年に全国から公募され、9月に4388件の応募の中から選ばれたものが商標として登録されました。『「大きさ、美しさ、美味しさ」の全てが大空に届くような素晴らしいいち』ごという意味が込められているそうで、百名山の一つ栃木県の「皇海山」(すかいさん)」にもちなんでいるとの事です。

●スカイベリーの特徴

スカイベリーの果実は大きく、25g以上の大粒になるものが6割を超えるとされています。全体に粒ぞろいがよく、形はややなで肩の円錐形で、表皮の色は明るく艶のある赤色です。そう果の窪みは中くらいで、そう果の色は黄緑から赤です。

ガクはあまり大きくなく、付け根の部分はくぼんでいます。

果肉は薄い橙赤で、果心部まで色が付いており、中心部の空洞は小さいです。固さはややしっかりとしていて、噛んだ時に優しい歯ざわりが感じられ、適度な果汁が口に広がりとても良い食感が得られます。味的には、特別甘いという印象はありませんが。甘味と酸味のバランスが良く、香りも十分にあり、美味しいイチゴです。

スカイベリー/栃木i27号<いちご/イチゴ

まだ出始めたばかりということもあり、価格はやや高く感じます。

栃木県 スカイベリーホームページ http://www.tochigi-skyberry.jp/

●スカイベリーの収穫時期と旬

スカイベリーは早生種で収穫時期は「とちおとめ」とほぼ同じとされています。12月初旬頃から始まり、1月から3月頃が最盛期となり5月初旬頃まで続きます。本格的な出荷は2014年に始まったばかりで、今後作付面積も拡大され、出回る量も増えてくるでしょう。

旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
スカイベリー                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。