淡雪/あわゆき<白いいちごの品種

淡雪/あわゆき<白いイチゴ

■淡雪(あわゆき)とは?

● 「さがほのか」の変異株

淡雪/あわゆき<白いイチゴ

淡雪(あわゆき)は鹿児島県志布志市の山下氏によって育成された白いちごの品種で、「さがほのか」の変異株とされています。2011(平成23)年に品種登録の申請が出され、2013(平成25)年12月に登録されたばかりの新品種となっています。

この数年、「初恋の香り」がデビューして以来白いイチゴが各地で話題となっている中での登場で、品種登録されたばかりにもかかわらず、2014年現在百貨店や果物専門店などで福岡県産の淡雪をよく見かけます。

価格は右の写真のものが1000~1500円程となっており、「初恋の香り」に比べかなり手の届く価格となっています。

●淡雪(あわゆき)の特徴

淡雪/あわゆき<白いイチゴ

淡雪の果実はやや縦長の円錐形で、少し大き目となっています。粒の揃いは良いようで店に並んでいるものはどれも形が整ったものが多いです。

特徴となっている表皮の色は白ではなく淡橙色となっていますが、ほんのりとした桜色といった感じです。

表面のそう果の窪みは浅めで、そう果の色は赤いです。

果肉の色は中央部分が白く、その周りは外皮と同じ色をしており、外皮の色が濃い部分は果肉も色がほんのり橙赤色をしており、色が付かず白っぽい部分は果肉も白いです。空洞は少し見られますが、ほとんど気にならない程度です。

「初恋の香り」など他の白いちごの多くは果肉も白いので見分けが付きます。

淡雪/あわゆき<白いイチゴ

肝心の味ですが、固さは適度に歯ざわりを感じる固さがあり、糖度は13~15度と言われていますが、酸味は少なくそこそこ甘いイチゴという印象です。見た目の印象に対して意外に甘いかも・・・というギャップが持ち味なのでしょう。

●主な産地

千葉県など各地で栽培されているようですが、関西の市場には福岡県産のものが大量に入ってきています。ネットでも扱われているもののほとんどが福岡県産となっています。