さくらももいちご:いちごの品種

さくらももいちごいちご

■さくらももいちごとは

●徳島県県のブランドいちご

さくらももいちごいちご

さくらももいちごは「ももいちご」と同じく徳島県佐那河内村(さなごうちそん)のブランドイチゴ(登録商標)です。使われている品種名は公表されていませんが、「ももイチゴ」のワンランク上のブランドイチゴとして2008年から流通が始まった新しいイチゴで、非常に品質が高く、またとても高価なプレミアムイチゴとして扱われています。

さくらももいちごは「ももいちご」と同じく、一つの株に8個前後しか実がならないように摘花(てきか)し、一粒一粒に栄養を集中させる栽培方法がとられ、出荷に際しても甘さ、傷、食味等の厳正なる審査を受けて、それを、クリアしたいちごしか出荷されていません。

●さくらももいちごいちごの特徴

 さくらももいちごは、やや大粒で、形はももいちごのように丸くは無く、女峰に近い形をしています。
色は真紅で完熟しても黒ずんだ赤ではなく鮮やかな色のままです。香りは甘く濃厚で、果肉は締りが有り、適度な歯ざわりを感じますが、酸味が少なく非常にジューシーで、口の中いっぱいに甘さが広がります。

さくらももいちごいちご

当然糖度は一般的ないちごより高く。先端部で約16度~18度、中部で約11度~12度、根元で約10度あるといわれています。

味、食感はまさにプレミアムにふさわしい品質といえます。

●さくらももいちごの主な産地

さくらももいちごいちごは徳島県名東郡佐那河内村(さなごうちそん)でのみ作られています。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。