梨の品種 二十世紀梨

二十世紀梨

■二十世紀梨とは?

●青梨の代表格

二十世紀梨の断面

 青梨の代表品種です。きれいな球形をしていて、青みを残した黄色です。果皮は薄く、梨の中では最もみずみずしく多汁で、糖度は高くありませんが上品な甘さを備えたさわやかな味わいです。鳥取県が一大産地になっています。

●二十世紀の生い立ち

 二十世紀梨といえば鳥取がすぐに思い浮かび、そこで生まれたかのようなイメージがあるかもしれませんが、実は二十世紀梨が発見されたのは千葉県松戸とのこと。

 発祥は明治21年に梨園の経営者の息子、松戸覚之助が、親戚のゴミ捨て場(農園の果実や苗などもここに捨てられていたようです)で苗を発見し10年かけて栽培、実った果実がこれまにない青梨だったのです。彼は「新太白」と名付けました。その後、明治37年に東京興農園主の渡瀬寅二郎と東大助教授の池田伴親氏により、20世紀における代表的品種になるであろうとの観測と願望を込めて新たに「二十世紀」と命名されたそうです。

 鳥取県へは同じく明治三十七年、北脇永治さんが千葉県松戸市の松戸覚之助が経営する「錦果園」から、苗木を購入し、それを自分の果樹園に植えたのが始まりだそうですです。当時植えられた親木は100年以上たった今もなお3本残っており、毎年敬老の日の贈答用に収穫されています。

サンセーキ(無袋二十世紀)

●サンセーキ梨

 二十世紀梨は通常、傷や病害虫から実を守るために、途中で果実に袋を被せて育てますが、この袋を被せず太陽日に十分当てることで糖度を上げ、より甘い梨にしたものを「サンセーキ梨としてJA長野が商標登録し、出荷しています。

■二十世紀梨の主な産地は

●全国の二十世紀栽培面積ランキング

全国の二十世紀栽培面積ランキング

 これは農林水産省がまとめた平成27年産二十世紀の全国の栽培面積です。

最も広く栽培しているのは鳥取県で全国の約3割を占めていますが、その他にも長野県や福島県、山口県など各地で栽培されていることが分かります。

 かつては二十世紀か長十郎かとシェアを二分する時期もあったようですが、今では幸水や豊水が主流となり、ゴールド二十世紀と合わせても梨全体の7.6%ほどとなっています。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。