旬の食材百科TOP  / 野菜百科 /  果物百科 / 魚貝百科 / きのこ百科 / ハーブ百科 / レシピノート

フルーツトップ


 

王林/おうりん<リンゴの品種

おうりん(王林)

■王林(おうりん)とは?

●「ゴールデン・デリシャス」と「印度」の交配品種

おうりん(王林)は福島県伊達郡の大槻只之助氏によって生み出された品種で、「ゴールデン・デリシャス」と「印度」の交配品種とされています。1952年に命名されましたが、品種登録はされず今では「ふじ」「つがる」に次いで多く作られ、青りんごの代表的な品種となっています。

きおうやトキはこの王林を親として生まれた品種です。

●王林の特徴

王林の果実は250〜300g位で、果皮は黄緑色、果肉はやや硬く緻密で多汁です。強い甘さの割りに酸味が弱く、特徴のある香りがあります。緑色に斑点のついた外見が特徴の晩生品種です。一般市場には比較的綺麗な物が多く出回りますが、実際にはサビが出来やすく、B級品として安く地元などで消費されています。

王林(おうりん)

■王林(おうりん)の主な産地と食べ頃の旬

●王林の主な産地と生産量

王林はフジ、ツガルに次いでポピュラーなリンゴです。平成23年産の生産量を見ると、最も多く生産しているのは青森県で、全国の76%をも作っています。次いで長野県、岩手県と続き、生まれ故郷の福島県は全国で6番目となっています。

●王林の収穫時期と食べ頃の旬の時期

王林は10月中旬頃から、青森では11月初旬頃に収穫が始まる収穫が始まる晩生品種ですが、貯蔵性が非常に優れており、春先4月頃まで出荷されています。食べ頃の旬の時期は11月中旬頃から翌年2月頃までが旬となります。

王林の画像一覧はこちら →

リンゴの主な産地や旬の時期はこちら →

リンゴの選び方と保存方法や食べ方と栄養価はこちら →

リンゴの主な種類の一覧はこちら →

ページトップに戻る


 
 
 

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




 
     

 旬の食材百科トップ   / 魚貝百科  / 野菜百科  / 果物百科  / きのこ百科 / ハーブ百科

 

栄養と食材 / 旬の食材百科レシピノート / サイトポリシー

 

関連リンク ;

 

旅しようよ / 幸せにしてくれるレストランを探そう! 

Copyright (C) 2003 -2016 All Rights Reserved by Foodslink.jp
 
 
     
飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク / 旬の陸釣りノート /  「旬の食材百科」 これ食べてみた / ブログ