リンゴの品種>つがる と サンつがる

サンつがる

■つがるとは?

●収穫量ではふじに次いで2番目に多い品種

つがるは、青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)において「ゴールデンデリシャス」に「紅玉」を交配したものを育成した品種です。これと同じ組み合わせによって生まれたリンゴは他にも「あかぎ」と「ジョナゴールド」があります。

8月頃から収穫できる中早生種で、果実は250~300gの大きさで、長円形をしています。肉質はやや硬く、多汁ですが、香りがやや弱いように感じます。

日本全体では、収穫量がふじに次ぐ、わが国第2位の品種となりました。

●つがるとサンつがるの違い

つがるの栽培には従来色付きを良くするために果実に袋をかぶせる「有袋栽培」という方法が行われていましたが、品種改良もすすみ、袋をかぶせなくてもある程度綺麗に色付くものが出来るようになってきました。

味的には、袋を被せず育てた物の方が太陽の光をたっぷりと浴びて甘味が強くなります。そういう事から、あえて見た目の色の良さよりも食べた時の美味しさを重視した「無袋栽培」も盛んに行われています。ただし、貯蔵性、保存性の面では有袋栽培の物の方が優れています。

「サンつがる」とはそういう無袋栽培をしたものを指します。ただ、「サンつがる」という名称は長野県産無袋栽培の登録商標となっています。

●人工着色?

色の付き方を良くみて、付いている部分と付いていない部分があったりするものは収穫後色付きを良くするために冷水をかけながら日光にさらすという着色作業を行われたものの可能性があります。その際、リンゴをびっしりと隙間なく並べて光にあてるので、リンゴ同士が接している部分が色付かず緑が残っています。そう言ったものは木になったまま色付くまで熟したわけではないので、果肉が固く酸味が強い物が多いようです。

■つがるの主な産地

つがるの生産量の順位はリンゴ全体の生産量のそれとほぼ同じです。青森県で最も多く作られていて、次いで長野県となっています。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。