中谷早生 なかたにわせ<不完全渋柿の種類

中谷早生 なかたにわせ<渋柿

●中谷早生(なかたにわせ)とは

◆「刀根早生」の枝変わり

中谷早生 なかたにわせ<渋柿

中谷早生は和歌山県那賀郡粉河町において1996(平成8)年に中谷義和氏のほ場にあった「刀根早生」の枝変わりを、弟の堂田政男氏が譲り受け増殖育成したもので、2001(平成13)年に登録出願、2003(平成15)年に品種登録されています。

刀根早生より早く育成地において9月中旬に成熟する極早生の不完全渋柿です。

◆中谷早生の特徴

中谷早生 なかたにわせ<渋柿

農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『- - - - - 果実の形は扁円、縦断面の形は方形、果頂部の形はわずかに凹、微突は無、果実横断面の形は方形、斜線溝は明瞭で中、側溝、蒂部の皺及び果皮の亀甲紋は無、果粉の多少は多、蒂窪平面の形は正方形、側面の形は凹U、果梗の長さはやや長、太さはやや細、果心の形は短方形、太さは細、果実の大きさはやや大、果皮の色は黄橙、光沢は良、果実の座の有無及び条紋の発生程度は無である。蒂の全形は基太肩平幅広、長短はかなり細長、大きさは中、先端の形は太尖、果実に対する姿勢は斜向である。果肉の色は黄、褐斑の大きさは無、果肉の粗密は密、甘味はやや少、子室数は8、種子数は無である。- - - - - - -』以上抜粋。

◆実際に食べてみた食味

今回入手したものは和歌山県産で大きさは160から180gのものでした。やや形はいびつなものが多かったですが、種はなく、歯触りは少しねっとりした感じで、甘味は期待以上に強く美味しかったです。

●中谷早生の主な産地と旬

◆主な産地と生産量

主な産地は和歌山県です。詳しい生産量などはわかりませんでした。

◆中谷早生の収穫時期と旬

和歌山県において9月中旬頃から収穫が始まる極早生の柿です。出回るのは9月中旬から下旬にかけてとなります。

旬のカレンダー 8月 9月 10月 11月
中谷早生                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。