リンゴの品種>シナノスイートの特徴や旬の時期と主な産地

ふじりんご

■シナノスイートとは?

●「ふじ」と「つがる」の交配種

長野県果樹試験場で「ふじ」と「つがる」を交配・育成・選抜した品種で、1996年(平成8年)に登録されました。長野県オリジナル品種として「りんご3兄弟」のひとつです。

中生種で、10月上旬から中旬に収穫期を迎えます。

●シナノスイートの特徴

果実の大きさは350g程度と大きく、表皮は綺麗に赤く染まり濃赤色の縦じまが入ります。果汁が多く、糖度が14~15%ほどですが酸味が穏やかなため、柔らかい甘みが前面に感じられる味わいです。そこからシナノスイートと命名されたようです。

■シナノスイートの主な産地と旬の時期

●シナノスイートの主な産地は長野県

政府がまとめた平成21年産のシナノスイートの全国における生産量を見ると、シナノスイートを最も沢山生産しているのは信州長野県で、全国の46%を生産しています。次いで青森県、岩手県となっています。

●シナノスイートの収穫時期と食べ頃の旬

シナノスイートの収穫時期は10月上旬頃から11月初旬頃までで、出荷は12月中旬頃まで行われます。食べ頃の旬はその頃、10月中旬から12月上旬辺りといえます。

旬のカレンダー 9月 10月 11月 12月
シナノスイート                        

■シナノスイートの画像ギャラリー

各画像をクリックしていただければ拡大画像がご覧いただけます。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。