マスカットビオレ:来歴や特徴と産地や旬

マスカットビオレ マスカット・ビオレ ぶどう ブドウ

●マスカットビオレとは

◆マスカットビオレの来歴

マスカットビオレ マスカット・ビオレ ぶどう ブドウ

 「マスカットビオレ」は山梨県春日居町の原田富一氏とその息子さん原田員男氏によって「甲斐路」と「ローデハネポート(紅アレキ)」の交雑実生から育成された果皮が赤い楕円形の粒のブドウ品種です。

 1985(昭和60)年に登録出願、1987(昭和62)年に品種登録されています。正式な登録名は「マスカットビオレー」となっていますが、一般には末尾を伸ばさない表記の方が定着しているようです。

 本種はマスカット香があり、皮ごと食べられぶどうで、ジベレリン処理をすることで種無しにもできる品種なので、もっと広く栽培されてもいい様に思うのですが、あまり見かけない希少品種となっています。

◆マスカットビオレの特徴

  「マスカットビオレ」は親の「甲斐路」に似た短楕円形の果粒で、大きさは9~10gとやや小さめ。果皮色は地色が黄緑で日が当たった部分が赤紫に着色し、濃く色付くと濃い紫紅から紫黒色になります。

  果皮は果肉に密着しはがせませんが皮ごと食べることができ、「ローデハネポート(紅アレキ)」の強いマスカット香を受け継いでいて香りがよく、果肉は崩解性で果汁は少なく甘みの強いぶどうとなっています。

 

マスカットビオレ マスカット・ビオレ ぶどう ブドウ

 果粒は果梗にしっかりと付いており、房から実を外すのには少し力が必要なほどです。

 ジベレリン等のホルモン剤使用により種無しにでき、粒も大きくなります。

マスカットビオレ マスカット・ビオレ ぶどう ブドウ

 農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

 『----- 果房の形は有岐円錐、粒着は密である。

 果粒の形は短楕円、果粒の大きさは大(約9g)、果皮の色は紫黒に近い紫赤、果皮の厚さは中、果皮と果肉の分離性は難である。

 果肉の色は不着色、肉質は崩解性、甘味は高、酸味は中、香気はマスカット、果汁は少である。

 種子の数は少、種子の大きさは大である。

 成熟期は育成地(山梨県東山梨郡春日居町)において9月中旬でやや遅、裂果性は少、果梗の強さは強、果梗と果粒の分離は難である。

 「甲斐路」及び「ガーネット」と比較して、香気がマスカットであること、果粒の形が短楕円であること等で、「ローデハネポート」と比較して、果粒の形が短楕円であること、果粒の大きさが小さいこと等で、「ルーベル マスカット」と比較して、果皮の色が紫黒に近い紫赤であること、成熟期が早いこと等で区別性が認められる。

-----』 以上、抜粋。

◆実際に食べてみたマスカットビオレの食味

 今回入手したものは岡山県産で2019年10月24日に撮影したものです。

マスカットビオレ マスカット・ビオレ ぶどう ブドウ

 着色は赤紫色で、果粒同士がくっついている部分は着色せず黄緑色になっていて独特の色合いとなっています。

 粒はやはり加工にしっかりと付いていて軸をもって房を振っても粒が外れるようなことはありませんでした。

 皮は手で剥くことはできず、そのまま食べることになります。果肉は写真でもわかると思いますが切っても果汁はほとんど滴ることなく、かじるとポリポリした歯ざわりでとても甘く、酸味は少なめでした。そしてマスカットらしい高貴な香りが鼻に抜けていく感じでとても美味しいです。

 個人的にはもう少し酸味に頑張ってもらい全体に強い甘みと酸味でバランスをとってくれるような濃厚な味わいが好みなのでやや物足りなさを感じました。

 皮ごと食べられますが、特に薄いというわけではないので、中には口に残ると感じる人もいるかもしれません。

●マスカットビオレの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

 「マスカットビオレ」は山梨県をはじめ岡山県や長野県など各地のブドウ産地で栽培されていますが、農林水産省の特産果樹生産動向調査には記載がなく各地の栽培面積などは不明です。

 生産量は少なく、他の品種との詰め合わせなどの贈答向けや、産地の直売所で販売されているくらいではないでしょうか。

◆マスカットビオレの収穫時期と旬

 「マスカットビオレ」は中~晩生種で収穫期は9月中旬から下旬、その年によっては更に遅い時期になるようです。今回入手したものは10月中旬過ぎでした。

旬のカレンダー

品種 8月 9月 10月 11月
マスカットビオレ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。