リンゴの品種>トキの特徴や旬の時期と主な産地

リンゴの品種>トキ

■トキとは?

●トキは「王林」と「ふじ」の交配種と考えられています

トキ(りんご)

 トキは、青森県五所川原市の土岐傳四郎氏によって「王林」と「紅月」を交配育成したものとして2004年(平成16年)に品種登録されましたが、その後の遺伝子調査により「王林」と「ふじ」の交配種である可能性が非常に高いという結果が出ています。

●トキの特徴

 トキの果実の大きさは300g~400g程で、丸い形をしており、果皮は黄緑色で、太陽に当たっていた面がうっすらと紅色になっています。

 果肉はふじよりも緻密で果汁が多く、香りが非常に強く出ます。標準的な糖度は14~15度に対して酸味が穏やかで甘く感じるリンゴです。

 農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『-----

 果実の型は円、王冠は弱、がくの開閉、がくあの深さ及び広さは中、こうあの深さは浅、こうあの広さ及び果実の大きさは中、果皮の地色及び果皮を被う色は黄、量は少、被う色の強さは淡、さびの位置は側面、量は無~僅か、さび状果点は無、果点の大きさ及び密度は中、スカーフスキンは無、果皮のろう質は少、粗滑の程度は中である。

 果梗の長さは長、太さは太、肉こうの有無は無である。

 果心の形は広楕円、大きさは中、果肉の色は黄、褐色化及び硬さは中、肉質は密、蜜の多少は無~僅か、甘味は中、酸味は弱、渋味は無、香気は少、果汁の多少は多、種子の形は倒卵、大きさは中である。

 発芽期及び開花期は中、成熟期は中で育成地においては10月上旬である。

 後期落果は無~僅か、普通貯蔵性及び冷蔵貯蔵性は中、心かびの発生は無~僅かである。

 「王林」と比較して、果実の型が円であること、果梗が長いこと等で、「きおう」と比較して、さび状果点が無いこと、果梗が長いこと等で区別性が認められる。

-----』以上、抜粋。

■トキの主な産地と食べ頃の旬

●トキの主な産地

 トキはそのほとんどが青森県で作られています。

 平成21年の統計データで見ると青森県が全国の94%を作っています。その他は秋田県と北海道で少し作られているだけです。

 まだまだ生産量は少ないですが増えつつある品種の1つです。

●トキの収穫時期と食べ頃の旬

 トキの収穫期は9月末から10月中旬頃で約1カ月間ほどです。貯蔵期間は2ヶ月ほどとされているので、食べ頃の旬の時期は10月から11月といえます。

旬のカレンダー 9月 10月 11月 12月
トキ            

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。