ホタルイカ/蛍烏賊/ほたるいかの栄養価と効能

富山県産 生のホタルイカ/蛍烏賊/ほたるいか

■ホタルイカ/蛍烏賊/ほたるいかに含まれる栄養成分と効用

●レチノールがたっぷり

ホタルイカは魚介類の中でも特にレチノールを多く含ンでいます。レチノールはビタミンAとも呼ばれ、目の神経伝達物質となる他、強い抗酸化作用により活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守ります。更に皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きや免疫力を高める働きもあります。

●抗酸化ビタミンEが豊富

富山県産 釜あげされたホタルイカ

ホタルイカには強い抗酸化作用で知られるビタミンEが豊富に含まれています。これには、活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立っていると考えられています。

●ビタミンB12が豊富

ホタルイカはビタミンB12が沢山含まれていることでも知られています。

●ホタルイカはタウリンが豊富

イカにはタウリンが沢山含まれており、胆汁の分泌を促進し、肝臓の働きを助け、 肝機能を高める働きがあると言われています。

●ホタルイカによる脂肪肝の改善効果

富山短大(富山市)食物栄養学科の竹内弘幸教授(脂質栄養学)らの研究グループによる研究で、ラットでの実験で実証されたとの事、今後人体でも実証をする予定だそうです。2013年5月24日に開かれる日本栄養・食糧学会大会にて発表されるようです。

■七訂日本食品標準成分表でみるホタルイカの栄養成分量

各成分の働きは成分名をクリックすればその栄養成分のページに移りご覧いただけます。

●ホタルイカ 生 可食部100gあたりの成分

下の表は七訂日本食品標準成分表に記載されている生のスルメイカに含まれる成分の量です。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
84
kcal
83.0
g
11.8
g
3.5
g
0.2
g
1.5
g
0.58
g
1.63
g
240
g
ビタミン
レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 パントテン酸 C
1500
μg
0
μg
4.3
mg
0.19
mg
0.27
mg
2.6
mg
0.15
mg
14.0
μg
1.09
mg
5
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
270mg 290mg 14mg 39mg 170mg 0.8mg

七訂日本食品標準成分表より

●茹でたホタルイカ 100gあたりの成分

下の表は七訂日本食品標準成分表に記載されているするめに含まれる成分の量です。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
104
kcal
78.1
g
17.7
g
2.9
g

0.4

g

0.9
g
0.36
g
1.05
g
380
0
g
ビタミン
レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 パントテン酸 C
1900
μg
0
μg
4.5
mg
0.20
mg
0.30
mg
2.3
mg
0.09
mg
14.0
μg
0.64
mg
Tr
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
240mg 240mg 22mg 32mg 200mg 1.1mg

七訂日本食品標準成分表より

■ホタルイカに含まれるアミノ酸の量

●生のホタルイカ100gあたりに含まれるアミノ酸

下の表は日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010に掲載されているホタルイカに含まれているアミノ酸の一覧です。

アミノ酸(mg/100g中)
イソロイシン 460 チロシン 370 アラニン 490
ロイシン 700 スレオニン 400 アスパラギン酸 910
リジン 700 トリプトファン 120 グルタミン酸 1100
メチオニン 330 バリン 490 グリシン 480
シスチン 210 ヒスチジン 250 プロリン 460
フェニルアラニン 410 アルギニン 600 セリン 360
日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。



 
 

UP