スイートメロディ:来歴や特徴と産地や旬

スイートメロディ <黄色いリンゴ

●スイートメロディとは

◆スイートメロディの来歴

スイートメロディ <黄色いリンゴ

スイートメロディは秋田県横手市の佐々木茂氏が1984(昭和59)年に、「千秋」に「つがる」を交配し生まれた実生から選抜育成した品種で、「キュート」とは姉妹品種となります。

スィートメロディは味の良さや外見の良さにもかかわらず栽培面積が少なく希少なリンゴで知名度もまだ低いのですが、今後認知度が上がってくるのではないでしょうか。

◆スイートメロディの特徴

スイートメロディ <黄色いリンゴ

スイートメロディの果実は300~350g程と大玉になる傾向があり、全体に角のないまるいリンゴです。

果皮の色はカナリヤ色と言われる黄緑から淡く緑が差した黄色で、サビはほとんどなく全体にはっきりと果点が見られます。

果肉はクリーム系の白で、つがるより硬めで甘味酸味共にバランスよく含まれている。

◆実際に食べてみたスイートメロディの食味

スイートメロディ <黄色いリンゴ

今回入手したものは青森県産の物を「りんご侍」より購入したものです。

大きさは270g前後とやや小ぶりの物でしたが、締りのある果肉は歯触りがとてもよく、果汁も滴り、甘いだけではなく酸味も酸っぱく感じるような強さではなくバランスよく感じられ、リンゴらしい美味しさが楽しめました。

●スイートメロディの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

スイートメロディーは栽培面積が少なく、政府の統計データには記載されていません。主な産地は青森県で生産量は少なく希少な品種となっています。

◆スイートメロディの収穫時期と旬

収穫は8月下旬頃から始まり、市場には9月中旬頃まで出回ります。

旬のカレンダー

品種 7月 8月 9月 10月
スイートメロディ                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。