リンゴの品種>陸奥(むつ)とサン陸奥

陸奥(むつ)とサン陸奥

■陸奥(むつ)とは?

◆陸奥/ムツの来歴

陸奥(むつ)<リンゴ

 陸奥(むつ)は1930(昭和5)年に青森県の試験場において「ゴールデンデリシャス」と「印度」を交配し、生まれた実生から選抜育成され、1948(昭和23)年に名称登録された品種です。大玉でピンク色の果実は外見の良さだけでなく味、香りも良いので、進物用としても人気があります。

 陸奥は海外でも人気があり、英語では”Crispin(クリスピン)”と呼ばれています。

◆陸奥/ムツの特徴

陸奥(むつ)の断面<リンゴ

 果実は400g~500gと大きく、表皮の色は栽培方法によって違ってきます。いずれにしてもサビは無く、しっとりとした滑らかな表面のリンゴです。

 果肉は黄白色でサクッとした歯ざわりが感じられる固めで、甘酸っぱい適度な酸味と独特な香りがあり食味に優れたりんごです。しかし、ややきめが粗く、焼きリンゴやアップルパイのフィリングなど加熱には向きません。



サン陸奥 リンゴ

 陸奥(むつ)は果実に袋掛けして育て、収穫の前に袋を取って一定期間日光にさらすことで果皮が美しいピンク色に染まります。また、最後まで袋を掛けたまま成熟させることで着色させず、綺麗な黄緑色の状態で出荷されるものをシルバー陸奥、そして無袋で栽培され、最初から最後まで日光をたっぷり浴びて育てられ、部分的に日焼けした黄緑から黄色のサン陸奥と、育て方によって果皮の色合いにかなりの差ができるのも特徴です。

 見た目重視ではピンクのものが好まれ、手間がかかることもあって価格も高いものになっています。一方、味重視では無袋のものに軍配が上がります。一見同じリンゴませには見えんね。

■陸奥の主な産地と栽培面積

陸奥(むつ)とサン陸奥の栽培面積

 平成26年の全国の栽培面積を見ると、そのほとんどが青森県となっています。

 次いで岩手県、福島県となっています。もちろん、ここに計上されていない産地のものもありますが、陸奥という名前通り、青森のリンゴと言えそうです。

■クリスマスバージョンも

 紅い陸奥には絵文字入りのものも作られています。12月中旬頃からはメリークリスマスと入れられた物も店頭に並びます。

クリスマスバージョンの陸奥

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。