マンゴスチン:選び方と保存方法、食べ方

■マンゴスチンの選び方と保存方法

●選ぶ時のポイント

マンゴスチンは鮮度が落ちてくると皮が固くなってきます。選ぶ時は皮が柔らかく、弾力を感じる物が良いです。また、上に付いているガクの部分が緑色をしている方が新鮮で、時間が経つにつれ黄色っぽくなってきます。

大きさは小さい物は果肉も小さく、歩留まりが悪いです。大きい方が良いのですが、大き過ぎるものはかえって種も大きい傾向にあります。

●保存方法

マンゴスチンは乾燥を嫌うので、濡れた新聞紙などで包んでビニールなどの袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に入れておきます。それでも傷みが早い果物なので、なるべく早く食べるようにしましょう。

■マンゴスチンの美味しい食べ方

●切り方

皮は手でも剥けますが、ナイフでぐるりと一回り深さ5ミリ程の切り込みを入れると、きれいに半分の皮が外れます。

●お勧めの食べ方

何と言っても生のままデザートとしてスプーンなどで食べるのは最高です。

加工するならシャーベット、ムース、ゼリー寄せ、タルトなど。

果皮を器としてシャーベットを盛り付けたりもします。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。