パッションフルーツの選び方と保存方法や食べ方

■パッションフルーツの選び方や保存方法と食べ頃の見分け方

●パッションフルーツの選び方

パッションフルーツは完熟するとマンゴーと同じように自然落下します。その時に小さな擦り傷などが出来やすいので、そう言ったものは気にしなくても良いでしょう。むしろ完熟させられたものと言う事が分かります。

選ぶ時に見るのは、大きな傷や割れ目などが無い事と、全体にまんべんなく色付いていいて、表面に艶があるものを選んでください。

また、手に持って少しでも重みが感じられるもので、パッション特有の爽やかな甘酸っぱい香りがあるものを選びます。

●パッションフルーツの保存方法

表面がつるっとしている物はそのまま食べても甘酸っぱく美味しいですが、室温に置いておき追熟させる事で酸味が和らぎ甘味を強く感じる事が出来るようになります。

十分に追熟させたものや、追熟させる前の状態で保存したい場合はポリ袋などに入れ冷蔵庫の野菜庫に入れておきましょう。

●パッションフルーツの冷凍保存

表面にしわが出始めるくらい追熟させた物は丸ごと冷凍しておく事も出来ます。食べる時は半分に切って中がシャーベット状になっている状態で食べます。

もちろん、中の果肉や種を取り出してその部分だけを密封容器や袋に入れて冷凍しておく事も出来ます。

●パッションフルーツの食べ頃の見分け方

パッションフルーツは基本的に木成りで完熟したものが収穫され流通しているので、買ってきてすぐに食べても食べられます。好みによりますが、酸味が強い方がパッションフルーツらしくて好きと言う方はすぐに冷蔵庫で冷やして食べると良いでしょう。

酸味が苦手な方は追熟させますが、追熟が進むと表面にしわが出始め、へこんででこぼこした状態になってきます。これは水分が蒸発していくためで、これくらいになると酸味が抜けて甘味が強い状態になります。この状態で冷蔵庫に入れよく冷やして食べてください。

■パッションフルーツの美味しい食べ方

●そのまま生で

パッションフルーツを生のまま食べる場合はパッションフルーツを真横に半分に切り、スプーンで種ごとすくい取って噛まずにそのまま食べます。少し種が気になりますが、周りのゼリー状の部分を舌の上で味わい、酸味と甘みと芳醇な香りを楽しみます。

●果肉部分を裏ごしして

中のゼリー状の部分を種と共に取り出して、目の細かい裏ごし器で種を取り除けばフレッシュのピューレが出来上がります。それでゼリーやムース、シャーベット、それにジュースやカクテル、スムージーなど色々な楽しみ方が出来ます。

●パッションフルーツのシロップ

シロップを作る場合は、果肉を取り出し、少し水と砂糖を加えて鍋に入れて加熱し、沸騰させずに85度位で3分間ほど加熱してから冷やし、ガーゼなどに流し込んで絞ります。

沸騰させてしまうと香りが抜けてしまうので注意してくださいね。

●周りの殻も器に

中の果肉を取り出したありの皮は、シャーベットやムース、ゼリーなどを作る際の器として使うと良いでしょう。