パッションフルーツの特徴と写真ギャラリー

■パッションフルーツとは

●パッションフルーツはトケイソウ科の果実

(英) Passionfruits   (仏) Fruit de la Passion

パッションフルーツはつる性の多年生、トケイソウ科の果実で、アメリカ大陸亜熱帯に自生していたものでブラジルが原産と言われています。果実は長さ5~10cmの円形または楕円形で、紫色系と黄色系の2種類がよく出回っています。正式な標準和名は果物時計草(クダモノトケイソウ)とされています。これは、パッションフルーツは果実がなる時計草の一種だからです。

●パッションとは「情熱」ではなく「キリストの受難」を意味しています

楽天ショップ ガーデニングshop岐阜緑園

パッションという言葉から日本人は「情熱」という意味をイメージしがちですが、このパッションフルーツの場合は「キリストの受難」を意味しているそうです。パッションフルーツは時計草と呼ばれている植物に分類されていて、この時計草の事をパッション・フラワーと言います。これは、16世紀に南米に布教しにやってきた宣教師らが、この時計草の花をみてその花の姿形がキリストの受難を象徴する形をしている事に気づき、布教に用いたのが元になっているようです。それによると、花の子房柱は十字架、3つに分裂した雌しべが釘、副冠は茨の冠、5枚の花弁と萼は合わせて10人の使徒、巻きひげはムチ、葉は槍に見立てたそうです。

楽天ショップ ガーデニングshop岐阜緑園

そして、このパッションフルーツはその時計草=パッションフラワーになる果実と言う事でパッション・フルーツと呼ばれるようになりました。

●パッションフルーツの種類

パッションフルーツには果実の表面があずき色をしたものと、黄色い物があります。一般に沢山出回るのはあずき色のタイプです。黄色いタイプもいくつかの品種があり、丸い物や縦に細長い物があります。

■パッションフルーツの画像ギャラリー

各画像をクリックしていただければ拡大画像がご覧いただけます。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします