こみつ/高徳(こうとく)<りんごの品種

こみつ(高徳)

■こみつ・高徳(こうとく)とは?

●品種名は高徳(こうとく)

こみつ(高徳)

高徳(こうとく)は1985年に品種登録されたリンゴです。蜜が入る事が多く美味しいりんごでありながら小玉傾向にあり、品質にもばらつきがあったため市場から敬遠され、数年前には栽培者がほとんどいなくなってしまって消滅寸前にまでなっていたそうです。

●こみつは登録商標

消滅寸前にあった高徳を青森県津軽石川農協が粘り強く販路開拓と品質管理の徹底を進め、同農協産の一定規格以上のものを「こみつ」という名称でブランド化し、2007年に商標登録されるに至りました。

生産量が非常に少なく希少性もあってとても高価なリンゴとして扱われています。

●究極の蜜入りリンゴ「こみつ」

こみつ(高徳)

こみつは樹上で糖度を16度前後まで高め完熟させてから収穫され、同農協において糖度14度基準で選果されます。出荷される時の糖度は14度程度に落ち着きますが、究極の蜜入りリンゴと言われるように、蜜が沢山入り、多いものだと蜜の割合が80%にもなるそうです。

こみつ(高徳)

果実の大きさは小ぶりで、やや扁平気味、お尻の部分のくぼみが広い傾向にあります。

果肉の色は黄色く、肉質はやや固くしっかりとした歯ごたえがありますが果汁はたっぷりと含まれ甘みと酸味が絶妙なバランスで後を引く感じがします。

■こみつ・高徳(こうとく)の主な産地と食べ頃の旬

●こみつ・高徳(こうとく)の主な産地

「こみつ」は青森県津軽石川農協の登録商標なので、当然青森県だけのりんごとなっています。ただ、「高徳」は「こみつ」の品質に魅力を感じ、他の産地でも栽培者が出てきているようです。ただ、ブランド化はされていないので品質のばらつきは否めません。

いずれにしても生産量はきわめて少なく、大変希少なリンゴとなっています。

●こみつ・高徳(こうとく)の収穫時期と出回る旬

高徳の収穫時期は10月下旬から11月上旬にかけてで、貯蔵性はそこそこあるようです。出回るのは11月から1月頃までが多いようですが、食べ頃の旬は11月から12月です。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。